透過電子顕微鏡 基本用語集

  • キーワード「準結晶」の検索結果
  • 1件見つかりました
  1. 準結晶

    quasicrystal

    [目次:結晶等]

    準結晶は、周期性はないが原子間の結合の方位は一定であり、長距離にわたる秩序が存在する新しい秩序構造。準結晶には原子間に秩序があるので、アモルファス(非晶質)とは全く異なる。準結晶は金属(アルミニウム)と2つの強磁性を示す遷移金属からなる合金に多く見いだされている。

    quasicrystal ⇒
    Al-Mn-Pd二次元準結晶のHAADF-STEM像。
    取得装置:JEM-ARM200F。加速電圧: 200kV。像中には、正10角形(D)、星型5角形(P)、6角形(H)の構造単位(ユニット)が存在する。Dユニットは辺を共有して準周期的に配列し、PおよびHユニットはDユニット間の隙間を埋めるように配列している。

    画像提供:東北大学 平賀名誉教授(JEOL News Vol.50,p25(2015))

    "Quasicrystal" takes a new ordered structure which has no periodicity but a long-range order with bond orientational order between the constituent atoms. Thus, the quasicrystal is totally different from amorphous. Quasicrystals have been found in many alloys composed of aluminum and two transition metals exhibiting ferromagnetic properties.

    準結晶:quasicrystal
    HAADF-STEM image of an Al-Mn-Pd two-dimensional quasicrystal taken
    with a JEM-ARM200F at an accelerating voltage of 200 kV.

    In the image, decagonal (D) structure units, star-shaped pentagonal (P) units and hexagonal (H) units are clearly seen. All the D units are joined by edge-sharing linkage, and the gaps between those D units are completely filled with P units and H units. (cf. JEOL News Vol. 50, p25 (2015))

    Courtesy of the image:
    Professor Emeritus K. Hiraga, Tohoku University

説明に「」が含まれている用語

ページの先頭へ