透過電子顕微鏡 基本用語集

  • キーワード「粒界」の検索結果
  • 1件見つかりました
  1. 粒界

    grain boundary

    [目次:結晶等]

    多結晶固体における各結晶粒どうしの境界のこと。結晶粒界ともいう。

    grain boundary ⇒
    シリコン多結晶の高分解能HAADF-STEM像。加速電圧:300kV。
    図中の赤色矢印で示した境界がシリコン結晶の粒界であり、ダンベル構造の向きが変化しているのが分かる。
    この場合、粒界はΣ3, [110]/{111}と表記される。

    "Grain boundary" separates respective crystalline particles with different orientations in a polycrystalline solid. Grain boundaries are also called crystalline grain boundaries.

    シリコン多結晶の高分解能HAADF-STEM像

    High-resolution HAADF-STEM image of polycrystalline silicon taken at an accelerating voltage of 300 kV. The boundary indicated by red allows is a grain boundary of crystalline silicon. The image reveals that the dumbbells of silicon atoms change their orientations across the boundary. This grain boundary is expressed by Σ3, [110]/{111}.

説明に「」が含まれている用語

ページの先頭へ