• 概要

NM160010

広温域HXMASプローブは新設計のスピニングモジュールにより設定温度との乖離を少なくし、高速回転下で試料温度-100~200℃ を達成しました。また温度変化時の断熱・排気システムを見直し、このような広範囲の高温低温実験がナローボアマグネットで可能になりました。
以下に固体NMRの温度校正用試料Pb(NO3)2207Pbスペクトルを示します。207Pbの化学シフトから試料温度がおよそ-100 ~200℃ となっていることがわかります。

装置:JNM-ECZ600R
プローブ:3.2mmHXMAS/VT
試料: Pb(NO3)2
MAS : 5kHz  
δ = T  × 0.753 ppm / ℃[1,2]

* 試料温度200℃を達成するには別途オプションが必要な場合があります。
* 150℃以上では耐熱用ジルコニア試料管が必要です。

参考文献

[1] A. Bielecki and D.P. Burum, J. Magn. Reson. A, 116, 215-220 (1995).
[2] T. Takahashi, et. al., Solid State Nuc. Magn. Reson., 15, 119-123 (1999).

カテゴリーからアプリケーションを探す SEARCH APPLICATIONS

関連製品 RELATED PRODUCT