• 概要

NM160003

h2bcと1,1-adequateはいずれもcosyやhmbcの組み合わせで相関信号の帰属が難しい場合に、2JCH3JCHの区別をつけるために使用する測定法です。同じ目的で使用されるこれらの測定法について、特徴と使い分けを紹介します。

4-methylumbelliferone
4-methylumbelliferone
図の4-methylumbelliferoneのように4級炭素が多い場合、h2bcでは限られた相関信号しか得られません。1,1-adequateを利用することで測定時間はかかりますが、より多くの相関を得ることができます。また脂肪族と芳香環で1JCCの値が異なるため、どちらに合わせて設定するかによって各相関信号の感度が変わります。
【h2bc】
  • 2JCHの相関のみが観測される
  • 1,1-adequateより高感度
  • 4級炭素との相関は観測されない
  • 測定条件がデフォルトでも問題なく測定が可能
     
【1,1-adequate】
  • 1JCH, 2JCHの相関が観測される
  • h2bcより低感度
  • 4級炭素との相関も観測される
  • 測定条件(1JCCの値)によっては相関信号が見えなくなってしまう恐れがある

h2bc 4scans (25min)

1,1-adequate 48scans (7h)
使用装置:JNM-ECZ400S+ROYALプローブ   試料 100mg 4-methylumbelliferone 

カテゴリーからアプリケーションを探す SEARCH APPLICATIONS

関連製品 RELATED PRODUCT