• 概要

ER130004

複数の試料を混合することで生ずる短寿命のラジカルを測定するための装置です。ラインナップとして、2液混合タイプ(ES-SM2)と3液混合タイプ(ES-SM3)があります)。
吸引ポンプによりキャビティ下部の試料混合部に導入・混合された反応液は、セル内に留まった状態(ストップト・フロー方式)でESR測定されます。フラットセルが標準装備されており、水溶液など誘電損失を伴う反応液でも感度ロスを抑えて高感度な計測が可能です。
JES-X3シリーズESR装置のタイム・スイープモードと組合わせることで、特定のESR信号強度を時間軸方向に記録でき、反応の進行に伴うラジカルをリアルタイムに追跡できます。

   

図1. 試料混合装置の構成品。(左)コントロールユニット、(右)ミキシングユニット

ここでは、Fe(II)とH2O2の反応(Fenton反応)で生ずるOHラジカルを、スピントラップ法によりDMPOアダクトとして検出する例を示しました。2液混合方式を用い、試料1はFe(II)水溶液、試料2はH2O2とDMPOの混合溶液とし、最終濃度としてFe(II):1μM, H2O2:500μM, DMPO:440μMになるよう調整しています。
2液が混合した瞬間に生ずるOHラジカルは、即座に周囲のDMPOが捕捉して安定なアダクトを形成します。図2(a)は、通常の磁場軸方向に掃引したESRスペクトル、図2(b)は、(a)で矢印の位置に磁場を固定し、時間軸方向に掃引したESRスペクトルです。信号強度の時間変化を解析することで、反応次数や反応速度に関する知見を得ることが可能です。


図2. Fenton反応で生じたOHラジカルをDMPOで捕捉したESR信号。(a) 磁場軸方向に掃引したESRスペクトル。中央の4本線(強度比1:2:2:1)が、DMPO-OHに由来。(b)(a)で矢印の位置に磁場を固定し、時間軸方向に掃引したESRスペクトル。

※)3液混合タイプ(ES-SM3)は、特殊工事品ですので事前にご相談ください。

カテゴリーからアプリケーションを探す SEARCH APPLICATIONS

関連製品 RELATED PRODUCT