• 概要

NM050018

J分解分光法で問題となる“ストロングカップリング”由来の不要信号を低減する方法があります。

多数回積算法
多数回積算法
全ての不要信号を低減できます。一方で、多数回積算を要することと、時間tpの間にT2緩和によって信号強度が減衰するという欠点があります。
Double Spin-Echo法
Double Spin-Echo法
対称処理をすることで、不要信号を消去します。単積算で測定可能ですが、異なるピーク間の不要信号が対称に生じる場合には消去することができません。
シングルパルス法

参考文献

本測定法は、以下の文献にて発表された方法を用いています。 M. J. Thrippleton, R. A. E. Edden, J. Keeler, J. Magn. Reson., 174, 97, (2005)

カテゴリーからアプリケーションを探す SEARCH APPLICATIONS

関連製品 RELATED PRODUCT