• 概要

NMDT_0029

二次元スペクトルでは、ベースラインが歪んでいると、F1軸(Y軸)やF2軸(X軸)方向にノイズのような裾が現れます。これらは等高線の表示レベルを低くすると目立ち、相関信号の解析を困難にします。
このようなとき 『ベースライン補正』を行うと、ベースラインの歪みが改善され、スペクトルがきれいになる場合があります。
 ここではF2軸のベースライン補正を例として説明します。

2Dビューワで[データ操作]-[ベースライン補正]-[Transpose 0]を選択する。

F2軸のベースライン補正が実行されます。
F1軸の処理の場合は[Transpose 1]を選びます。

Delta Tips
このページの印刷用PDFはこちら。
クリックすると別ウィンドウが開きます。

PDF 639.8KB

カテゴリーからアプリケーションを探す SEARCH APPLICATIONS

関連製品 RELATED PRODUCT