• 概要

NMDT_0075

Deltaでは、スペクトルのピーク閾値を自動で設定します。また、設定されたピーク閾値からピークを検出し、[積分の範囲]で設定された値を基に自動で積分範囲を設定します。

自動積分機能について

自動積分機能:
ツールバーの[自動ピークピックと積分]もしくは[自動積分]ボタンをクリックする。

⇒ 自動でピークを検出し、積分範囲を設定します。[自動ピークピックと積分]ボタンをクリックした場合、検出されたピーク位置が表示されます。

自動積分機能について

自動積分における積分ブロックの設定:
検出された各々のピークの間隔が[積分の範囲]で設定された値よりも大きい場合、別々の積分ブロックとして設定します。一方で[積分の範囲]よりもピーク間隔が小さい場合、同一の積分ブロックとして設定します。

[積分の範囲] の設定値が20 Hzの場合
[積分の範囲] の設定値が20Hzの場合
[積分の範囲] の設定値が30 Hzの場合
[積分の範囲] の設定値が30Hzの場合

[積分の範囲]のデフォルト設定値は50Hzです。「1Dプロセッサ」ウインドウの場合「オプション」パネル画面、「データスレート」ウインドウの場合はオプションバーで設定値を変更できます。

「1Dプロセッサ」ウインドウ―「オプション」パネル画面
「1Dプロセッサ」ウインドウ ―「オプション」パネル画面
「データスレート」ウインドウ ― オプションバー「積分の範囲」
「データスレート」ウインドウ ― オプションバー「積分の範囲」

自動積分における積分範囲の設定:
ピークとピークスレッショルドレベル交点から[積分の範囲]の半分の値分離れた位置を積分範囲の端点として設定します。

[積分の範囲] の設定値が50 Hzの場合
[積分の範囲] の設定値が50Hzの場合
[積分の範囲] の設定値が30 Hzの場合
[積分の範囲] の設定値が30Hzの場合
このページの印刷用PDFはこちら。
クリックすると別ウィンドウが開きます。

PDF 1.0MB

カテゴリーからアプリケーションを探す SEARCH APPLICATIONS

関連製品 RELATED PRODUCT