• 概要

NM210007

図1 a) はT2測定等でごく一般的に使用されているspin echo法ですが、こちらは1H-1Hのスピンカップリングを持つ信号においてはJ変調と呼ばれる位相ずれの現象が起きてしまいます。その結果T2測定の信頼性が低下する、信号の解析がしづらくなるといった悪影響が懸念されます。その対策が図1 b) に示すperfect echo法※1です。普段spin echo法を使用しているパルスシーケンスからperfect echo法へ置き換えることで、従来法よりきれいなスペクトルが得られる可能性があります。

図1 a)
図1 b)

図1: a) spin echo法、b) perfect echo法のパルス系列

実際の測定例

T2測定で一般的に用いられているCPMG法と、loop部をperfect echoに置き換えたPROJECT法※2の比較が図2になります。また軽水消去で一般的に用いられているdpfgseタイプのWATERGATE法と、これにperfect echoを組み合わせたWATERGATE PE法※3の比較が図3になります。いずれにおいてもperfect echoの適用により位相の歪みが改善され、きれいな線形を維持していることが確認できます。
PROJECT法はDelta V.6.0から、WATERGATE PE法はDelta V.5.3から標準搭載されています。

図2 a)
図2 b)

図2: α- cyclodextrin + glucose in D2Oの a) CPMGスペクトル、b) PROJECTスペクトル

図3 a)
図3 b)

図3: 2mM sucrose + DSS-d6 in 90% H2O/10% D2Oの a) WATERGATE_dpfgseスペクトル、b)WATERGATE_PEスペクトルの拡大図

  • ※1 J. Magn. Reson., 84, 611-615 (1989)
  • ※2 Chem. Commun., 48, 811–813 (2012)
  • ※3 Chem. Commun., 49, 358-360 (2013)
このページの印刷用PDFはこちら。
クリックすると別ウィンドウが開きます。

PDF 893.1 KB

カテゴリーからアプリケーションを探す SEARCH APPLICATIONS

関連製品 RELATED PRODUCT