アスベストの分析 ~TEMによる分析で、繊維一本から識別できます~

  • 概要

EM057

透過電子顕微鏡(以後、TEMと略します)は、高い空間分解能での形態および電子回折図形の観察と、エネルギー分散型X線分光法(以後、EDSと略します)による元素分析を行うことができます。以下に、Amosite、Crocidolite、Chrysotile、AnthophyliteおよびTremolite/ActinoliteのTEMによる形態観察と電子回折図形の結果およびEDSによる元素分析の結果を示します。アスベストは、その線維状の形態および電子回折、元素組成の違いによって同定することができるため、TEMを使えば、1本の繊維からアスベストを識別することができます。

アスベストの種類

石綿
asbestos
分類 鉱物名 石綿名 化学式 H O Si Na Mg Ca Fe
蛇紋石系 クリソタイル
chrysotile
白石綿、温石綿 Mg3Si2O5(OH)4
角閃石系 アモサイト
amosite
茶石綿 (Fe2+, Mg)7Si8O22(OH)2
クロシドライト
crocidolite
青石綿 Na2(Fe2+, Mg)3Fe3+2Si8O22(OH)2
アンソフィライト#1
anthophyllite
直閃石綿 (Mg, Fe2+)7Si8O22(OH)2
トレモライト#1,2
tremolite
透角閃石綿 Ca2(Mg, Fe2+)5Si8O22(OH)2 #2 #2
アクチノライト#1,2
actinolite
陽起石綿 Ca2(Fe2+ ,Mg)5Si8O22(OH)2 #2 #2
#1:アンソフィライト、トレモライト、アクチノライトもアスベスト規制対象に含まれる。
#2:トレモライト、アクチノライトは、MgとFeの含有量の違いで鉱物種が異なる。

クリソタイル Mg3Si2O5(OH)4
Chrysotile

Chrysotile
Chrysotile
Chrysotile

アモサイト (Fe2+, Mg)7Si8O22(OH)2
Amosite

Amosite
Amosite
Amosite
(C、Cu は、それぞれ試料を支えるための支持膜およびメッシュからの元素です。)

クロシドライト Na2(Fe2+, Mg)3Fe3+2Si8O22(OH)2
Crocidolite

Crocidolite
Crocidolite
Amosite
(C、Cu は、それぞれ試料を支えるための支持膜およびメッシュからの元素です。)

アンソフィライト (Mg, Fe2+)7Si8O22(OH)2
anthophyllite

anthophyllite
anthophyllite
Aanthophyllite
(C、Cu は、それぞれ試料を支えるための支持膜およびメッシュからの元素です。)

トレモライト /アクチノライト Ca2(Mg, Fe2+)5Si8O22(OH)2 / Ca2(Fe2+ ,Mg)5Si8O22(OH)2
Tremolite / Actinolite

anthophyllite
anthophyllite
Aanthophyllite
(C、Cu は、それぞれ試料を支えるための支持膜およびメッシュからの元素です。)
トレモライト、アクチノライトは、MgとFeの含有量の違いで鉱物種が異なる。
このページの印刷用PDFはこちら。
クリックすると別ウィンドウが開きます。

PDF 2.66MB

関連製品 RELATED PRODUCT