• 概要

日本臨床検査自動化学会第 33 回大会・機器試薬セミナーでの発表内容の紹介です。

HbA1c測定”洗剤別セル汚染の比較”

コントロールA(直前値との差のプロット) コントロールA(直前値との差のプロット) コントロールA(直前値との差のプロット)

洗剤別セル汚染の比較

HbA1c測定 洗剤別セル汚染の比較 HbA1c測定 洗剤別セル汚染の比較 HbA1c測定 洗剤別セル汚染の比較

使用前反応セル(対照品)

この写真は新品の未使用の反応セルです。LATEX粒子も吸着していないので、コントラストもなく凹凸が見られません。測定条件は加速電圧1.0kv,観測倍率10000倍,LEIは2次電子,WorkingDistance8.2mmです(日本電子製電界放射型走査型電子顕微鏡SEM-JSM6700F)

使用前反応セル(対照品)
使用前反応セル(対照品)

HbA1c連続4万検体測定後(水洗浄)

HbA1c連続4万検体測定後(水洗浄のみ)
HbA1c連続4万検体測定後(水洗浄のみ)

これは、HbA1cを連続で4万検体測定した反応セルの電子顕微鏡写真です。LATEX粒子が多層構造になり、何層にもなっています。

HbA1c連続4万検体測定後(洗浄)

この写真は純正洗剤を使用したものです。洗剤の効果によってセルの表面が観察されます。

HbA1c連続4万検体測定後(BM3洗浄)
HbA1c連続4万検体測定後(BM3洗浄)

HbA1c連続4万検体測定後(B社洗剤)

これは、あるメーカーの洗剤を先程と同様にして測定を行ったセルの写真です。先ほどと異なり、LATEX粒子が凝集塊となり固まっています。測定波長の658nmの条件下で測定波長の光路の妨げとなる為、0.7ミクロン以上の凝集塊があると、データがバラツいてきます。

HbA1c連続4万検体測定後(U社洗剤)
HbA1c連続4万検体測定後(U社洗剤)
[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ]

関連製品 RELATED PRODUCT