BioMajesty™ JCA-BM2250:2.0 秒サイクルによる超高速処理装置2

  • 概要

2003 分析機器展発表資料

2003 分析機器展発表資料です。

11. マウスの測定具体例

測定項目

GOT,GPT,Fe,LDH,GGT,CK,ALP,AMY,TP,ALB,UN,UA,CRE,GLU,T-Bil,HDL,T-Cho,TG,Ca,IP,Cu,AFP,Mb,SiA,CRP-H・・・・・・・・・・・・・・・・・・全25項目

【JCA-BM2250】マウス分析条件一覧表(下記25項目分析するために必要な血清量は僅か15μl

NO. 項目名 メーカー名 方法 元検体
(ul)
希釈
液量
希釈
倍数
希釈
検体
(ul)
R1
(ul)
R2
(ul)
積算
希釈
検体量
(ul)
1 GOT 関東化学 JSCC
標準化対応法
6 144 25 20 60 20 23
2 GPT 関東化学 JSCC
標準化対応法
144 25 20 60 20 46
3 FE 関東化学 フェロジン法 144 25 25 90 45 74
4 LDH 関東化学 JSCC
標準化対応法
3*2 147 50 15 60 15 18
5 GGT 関東化学 JSCC
標準化対応法
147 50 15 60 20 36
6 CK 関東化学 JSCC
標準化対応法
147 50 10 60 15 49
7 ALP 関東化学 JSCC
標準化対応法
147 50 15 60 15 67
8 AMY 関東化学 G3CNP法 147 50 12 60 20 82
9 TP 関東化学 ビュレット法 147 50 7.5 90 *** 92.5
10 ALB 関東化学 BCG法 147 50 7.5 90 *** 103
11 UN 関東化学 GLDH
アンモニア消去法
147 50 18 60 20 124
12 UA 関東化学 酵素法 147 50 10 60 20 137
13 CRE 関東化学 酵素法 147 50 10 60 20 150
14 GLU 関東化学 Gluc-DH法 147 50 10 60 24 163
15 T-BIL 日東紡 酵素法 147 50 12 60 15 178
16 HDL-C 和光純薬 直接法 147 50 10 60 20 191
17 T-CHO 関東化学 酵素法 147 50 8 60 20 202
18 TG 関東化学 酵素法 147 50 8 60 30 213
19 Ca 関東化学 OCPC法 147 50 10 60 15 226
20 IP 関東化学 UV法 147 50 18 60 60 247
21 Cu シノテスト キレート発色法 3 147 50 25 60 20 28
22 AFP デンカ生研 ラテックス
凝集法
147 50 25 60 30 56
23 Mb デンカ生研 ラテックス
凝集法
147 50 25 60 45 84
24 SiA 極東製薬 酵素法 147 50 15 60 15 102
25 CRP-H 関東化学 ラテックス
凝集法
147 50 15 60 60 120

【JCA-BM2250】コントロール血清-Low: クオリトロールRF-1 (特殊希釈条件) 同時再現性

検体希釈
倍数
x50 x25 x25 x50 x50 x50 x50 x50 x50 x50 x50
LDH AST ALT GGT CPK ALP AMY TP ALB UN UA
単位 IU/L IU/L IU/L IU/L IU/L IU/L IU/L g/dl g/dl mg/dl mg/dl
1 117 39 30 26 34 120 181 4.3 2.4 7.4 2.5
2 119 40 33 29 41 120 181 4.0 2.4 7.9 2.6
3 111 40 32 29 45 118 182 4.0 2.4 7.7 2.5
4 104 41 32 28 34 120 181 4.1 2.4 7.1 2.5
5 116 41 33 25 48 118 181 4.0 2.4 8.9 2.4
6 108 40 32 24 38 123 181 4.0 2.4 7.7 2.5
7 114 39 32 26 38 122 182 4.1 2.4 8.0 2.5
8 110 40 31 28 46 121 182 4.1 2.4 8.1 2.5
9 112 40 31 27 45 121 182 4.1 2.4 8.0 2.5
10 117 40 32 26 45 122 181 4.0 2.4 7.3 2.5
mean 112.36 40.19 31.88 27.10 42.26 120.52 181.44 4.05 2.41 7.84 2.50
range 14.50 2.21 1.97 5.00 13.54 4.37 1.72 0.15 0.07 1.87 0.12
S.D 4.57 0.65 0.68 1.72 4.66 1.51 0.64 0.04 0.02 0.53 0.04
C.V 4.07 1.63 2.13 6.34 11.02 1.25 0.35 1.05 0.98 6.82 1.41

【JCA-BM2250】コントロール血清-Low: クオリトロールRF-1(特殊希釈条件) 同時再現性

検体希釈
倍数
x50 x50 x50 x50 x50 x50 x25 x50 x50 x50 x50 x50
CRE GLU HDL-C T-CHO TG Ca Fe IP Cu Mb SiA CRP-H
単位 mg/dl mg/dl mg/dl mg/dl mg/dl mg/dl ug/dl mg/dl ug/dl ng/dl mg/dl ug/dl
1 0.97 40 33 106 59 8.8 67 2.0 80 32 44 57.46
2 0.98 40 33 104 59 8.4 64 1.9 85 36 45 56.29
3 0.95 39 33 103 59 8.6 63 1.7 80 58 44 57.61
4 0.98 39 34 106 59 8.6 73 1.9 82 26 43 55.43
5 0.97 40 34 104 59 8.5 73 1.7 83 35 45 54.46
6 0.97 40 33 104 59 8.5 69 1.8 80 37 42 55.55
7 0.93 40 34 106 59 8.4 72 1.7 79 32 45 54.13
8 1.00 40 34 107 59 8.5 72 1.7 87 36 48 53.98
9 0.96 40 34 105 58 8.5 63 1.7 77 30 45 56.61
10 0.96 40 34 105 60 8.5 66 1.8 80 36 43 48.66
mean 0.97 39.86 33.81 104.92 58.98 8.51 68.29 1.77 81.25 36.25 44.62 54.75
range 0.07 1.17 1.34 3.56 2.06 0.21 10.18 0.25 10.58 31.99 6.04 8.95
S.D 0.02 0.38 0.46 1.12 0.58 0.07 4.27 0.09 3.24 8.92 1.89 2.58
C.V 2.07 0.95 1.35 1.07 0.99 0.85 6.25 5.07 3.99 24.81 4.23 4.71

12. 希釈ターンテーブルの有効活用 まとめ

今回ご紹介したマウスの25項目の測定条件では、必要な検体量は僅か15μL(約0.6μL/項目)と、非常に微量な検体量で測定可能です。

BioMajestyに共通する検体希釈ターンテーブルを有効に活用することにより、新生児など著しく採血量に制限のある患者への対応が可能です。また、新薬開発・ゲノムの機能解析実験などで利用されるマウスなど実験小動物のスクリーニング検査などに有用といえます。

関連製品 RELATED PRODUCT