GC-MS Applications: 水道法に基づくHS-GC/MSを用いたエピクロロヒドリンの分析

  • 概要

MS Tips No.126

エピクロロヒドリンは要監視項目として2004年3月に追加された物質である。その目標値は0.0004mg/L (0.4 ppb)で、分析手法はパージアンドトラップ (以下P&T) -GC/MS法が採用されている。弊社においてもP&Tを用いたエピクロロヒドリンの分析はMSTips No.30で紹介し、水道法で定められた感度と精度を十分満たす結果を確認した。今回、弊社の高感度ヘッドスペース (以下 HS) であるMS-62070 STRAPを用いてエピクロロヒドリン分析を行い、感度および直線性の確認を行ったので紹介する。
続きはPDFファイルをご覧ください。
クリックすると別ウィンドウが開きます。

PDF 144KB

関連製品 RELATED PRODUCT