• 概要

MS Tips No.132

パーフルオロオクタンスルホン酸(PFOS)は撥水、防水などの目的で様々な商品に使われており、安定で分解性が低いことから環境に残留する物質として生態系への影響が懸念されています。近年、EUにおけるPFOS規制などの国際的な規制強化に伴い、日本においてもPFOSについての分析需要が高まっています。また、パーフルオロオクタン酸(PFOA)などPFOS類似のパーフルオロ化合物についても同様の対策が必要となります。PFOS,PFOAは一般的にLC/MSでの測定が推奨されています。今回、LC-TOFMSを用いてPFOS,PFOAの分析を行ないましたのでその結果を紹介します。
続きはPDFファイルをご覧ください。
クリックすると別ウィンドウが開きます。

PDF 133KB

関連製品 RELATED PRODUCT