CLEM for Life Science

polish CLEM / milling CLEM

特長 STRONG POINT

polish CLEM / milling CLEM
Sample HeLa cells (Stained with ORP3 localized in nucleus and cell membrane and Rab11 localized in recycling endosome)
Imaging device Confocal: A1, 60x  SEM: JSM-7900F

転写マーカー付ディッシュ等の上で細胞を培養し、光学顕微鏡(LM)観察後、ディッシュマーカーを元に同一視野を研磨等により表面に露出させ、SEMで観察する手法です。超薄切片作成を必要としないため、LMで観察した細胞の内部構造を、SEMで簡便に観察をすることができます。また、miXcroscopy™を使用すると、同一視野観察同定が容易になります。

polish CLEM / milling CLEM Workflow

1. 細胞培養

マーカー付ディッシュ、グリッド付きカバーガラス等、位置を特定できるディッシュ上で細胞を培養します


polish CLEM / milling CLEM Workflow

2. LM観察(生細胞)

LM像を取得します
マーカー付ディッシュの位置情報を記録しておきます


polish CLEM / milling CLEM Workflow

3. 前固定・染色

細胞の化学固定、免疫染色等を行います



polish CLEM / milling CLEM Workflow

4. LM観察(固定細胞)

染色した試料のLM像を取得します
マーカー付ディッシュの位置情報を記録しておきます


polish CLEM / milling CLEM Workflow

5. 後固定/樹脂包埋

細胞を樹脂包埋します
細胞ごと樹脂を剥がすと、マーカーが転写されます


polish CLEM / milling CLEM Workflow

*座標取込

miXcroscopy™を使用するときは、この時点で専用ホルダに試料を取り付け、SEMに位置情報を入力しておきます

polish CLEM / milling CLEM Workflow

6. 機械研磨 / イオンミリング

研磨、イオンミリング等により細胞観察面を露出します


polish CLEM / milling CLEM Workflow

7. コーティング

試料表面にコーティングを施します


polish CLEM / milling CLEM Workflow

8. SEM観察

SEM像を取得します
miXcroscopy™を使用すると、LM像と同一視野を容易に同定することができます

polish CLEM / milling CLEM Workflow

• アプリケーション