CLEM for Life Science

on chip CLEM

特長 STRONG POINT

光学顕微鏡(LM)とTEMの両方で、同一試料台(SiN window chip)に載せた超薄切片試料を観察する手法です。 LM観察とTEM観察の間にTEM試料作製など試料の変形を含む工程がないため、精度が高い重ね合わせが可能です。

on chip CLEM

on chip CLEMは、TEMで広い視野観察をすることを目的に開発された SiN window chipを使用します。SiN window chipは、専用リテーナーを光学顕微鏡観察用ホルダーに取り付けて、容易に超薄切片試料のLM観察を行なえます。LM観察後、専用リテーナーをTEMホルダーに載せ替えれば、TEMとのシームレスなCLEM観察を行うことができます。

on chip CLEM

on chip CLEM Workflow(材料)

自家蛍光等のある材料の on chip CLEM

1. 樹脂包埋

試料をエポキシ樹脂等に包埋します


on chip CLEM Workflow(材料)

2. 超薄切

ウルトラミクロトームで超薄切片を作製します
切片はSiN window chipにマウントします

on chip CLEM Workflow(材料)

3. LM観察

専用リテーナーを光学顕微鏡観察用ホルダーに取り付けて蛍光やSPR(表面プラズモン共鳴)による散乱光等を観察します

on chip CLEM Workflow(材料)

4. TEM観察

専用リテーナーをTEMホルダーに載せ替えて、TEM像を取得します

on chip CLEM Workflow(材料)

on chip CLEM Workflow(生物試料)

生物試料のための on chip CLEM(金粒子のSPRによる散乱光の利用)

1. 前固定

パラフォルムアルデヒドで固定します


on chip CLEM Workflow(生物試料)

2. 免疫染色(金標識)

標的タンパク質に一次抗体を反応させ、さらにナノゴールドで標識された二次抗体を結合させます

on chip CLEM Workflow(生物試料)

3. 金増感

標識した金の粒径が20nm以上になるように増感します


on chip CLEM Workflow(生物試料)

4. 後固定/樹脂包埋

TEM用の固定(グルタールアルデヒド、四酸化オスミウム)をおこなった後、超薄切できるように樹脂に包埋します

on chip CLEM Workflow(生物試料)

5. 超薄切

ウルトラミクロトームで超薄切片を作製します
切片はSiN window chipにマウントします


on chip CLEM Workflow(生物試料)

6. 染色

酢酸ウラニルとクエン酸鉛による染色をおこないます



on chip CLEM Workflow(生物試料)

7. LM観察

専用リテーナーを光学顕微鏡観察用ホルダーに取り付けて暗視野観察で金のSPR(表面プラズモン共鳴)による散乱光を観察します

on chip CLEM Workflow(生物試料)

8. TEM観察

専用リテーナーをTEMホルダーに載せ替えて、TEM像を取得します

on chip CLEM Workflow(生物試料)

• アプリケーション