東京医科歯科大学ジョイントリサーチ講座 細胞構造生理学研究室 (CeSPL)

概要・目的

東京医科歯科大学と株式会社CeSPIAおよび日本電子株式会社は、"クライオ電顕を活用した医薬基盤技術開発研究" という研究テーマで2018年12月より共同研究を行っています。

クライオ電子顕微鏡は2017年のノーベル化学賞を受賞した話題のテーマであり、X線構造解析では難しいタンパク質の構造解析が比較的容易にできることから、ライフサイエンス分野を中心に急激に注目されています。本共同研究では、クライオ電子顕微鏡によるタンパク質構造解析の世界的第一人者である東京医科歯科大学特別栄誉教授の藤吉好則氏と長年クライオ電子顕微鏡開発に取り組んできた日本電子株式会社、さらに両者で2017年4月に設立した株式会社CeSPIAからなるプラットフォームから構成されています。

東京医科歯科大学において、ヒト由来の膜タンパク質など創薬標的タンパク質を大量に発現・精製し、日本電子株式会社のクライオ電子顕微鏡を用いて、東京医科歯科大学に設置した遠隔操作システムによりデータ収集と構造解析を行っています。株式会社CeSPIAが創薬の経験を生かしてこれらを支援し、構造に基づいた医薬基盤技術開発研究を実施しています。

組織図

東京医科歯科大学ジョイントリサーチ講座 組織図

図. 東京医科歯科大学ジョイントリサーチ講座の組織図

製品一覧

  • JEM-Z300CF
  • JEM-Z320FHC

関連リンク

国立大学法人 東京医科歯科大学 高等研究院卓越研究部門 細胞構造生理学研究室
株式会社CeSPIA

交通アクセス

細胞構造生理学研究部門

お問い合わせ・アクセス

  • 電車
    JR中央線「御茶ノ水駅」下車 御茶ノ水橋口
    東京メトロ丸ノ内線「御茶ノ水駅」下車 1番出口
    東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」下車 B1出口