マクローン アソシエイツ

概要

1956年、イリノイ州ウエストモントに設立されたマクローングループは、顕微鏡法、極微分析、物質特性解析そして材料問題解決の分野における世界的リーダーとして国際的に高い評価を得ています。

マクローングループは3つのビジネスユニットで構成されています。

マクローンアソシエイツは、臨床検査室、研究者、企業、政府機関から日々持ち込まれる分析依頼に対応しながら材料、粒子の同定に関わる高度な問題の解決に重点的に取り組んでいます。また、クライアントが抱える問題を、最先端の顕微鏡技術、装置を駆使し、直接助言を行うことで解決していきます。シニアバイスプレジデント兼テクニカルディレクターであるケント・ローズ博士は、1990年に表面微細分析の専門研究者として加わりました。現在ではマクローンアソシエイツの技術陣を統括するとともに、フークカレッジにおけるSEMのコースでインストラクターを担当しています。

応用科学フークカレッジは、科学者と顕微鏡学者向けの教育およびトレーニングを提供しています。顕微鏡法技術と材料分析における専門短期コース、個別トレーニングを用意し、その内容は試料作製、光学および電子顕微鏡法、そして分光学までカバーしています。新しいトレーニングの取り組みに関わる運営と開発は学長であるチャールズ・ゾーナによって監督されています。

日本電子と大学の概要

日本電子との概要

マクローンマイクロスコープス&アクセサリーズは、技術ガイダンス、およびラボへの機器装備サポートを世界規模で提供しています。また、JEOLのベンチトップSEM NeoScope™ および電子顕微鏡消耗品の販売代理店でもあります。技術販売アドバイザーは、顕微鏡学者から高い信頼を得ています。

製品一覧

  • JXA-8200
  • JSM-6490LV
  • JSM-6480LV
  • JSM-7500F
  • JSM-7600F
  • JEM-3010

イメージギャラリー