エール大学

大学の概要

エール大学の地質学部と地球物理学部は、大学院生とポスドク生に様々な最先端、分野間横断の研究の機会を提供しています。エール・ピーボディ自然歴史博物館の地質学館長を兼任する学部会長ジェイ・アグ教授は、山地帯の深根底を形成する変成岩や火成岩に焦点を当て、地殻と上部マントルを研究しています。 グループは、温度圧力計; 多孔破砕岩を通しての流体の流れによる熱と質量の移動; 造山運動のタイムスケール; 流体と島弧火山; 岩流動と地震災害への地下流体のインパクト; 地下水学;経済鉱物沈殿物の起源; 地表において二酸化炭素などの温室効果ガスが放出、運搬されるプロセス; そして炭素隔離を調査しています。

製品一覧

  • JXA-8530F

日本電子と大学の概要

エール大学に設置されているマイクロプローブは、地質学試料のマイクロスケール、ナノスケールの評価に使われています。JEOLのマイクロアナライザー/走査電子顕微鏡(EPMA/SEM)は最先端のイメージング、分析、そしてコンピュータコントロールされた機能、Windows® XP 対応の5チャンネル波長分散型X線分光器(WDS)および軽元素分析が可能なエネルギー分散型X線分光器(EDS)を装備しており、ハードとソフトの機能により、自動操作とデータ収集が可能です。高度なイメージ処理および特徴分析機能も組み込まれています。