2017/03/13

NMR(核磁気共鳴)プローブ(検出器) "ROYAL HFXプローブ"は、素材・医薬品を中心としたフッ素化合物のNMR分析に新しいレベルの柔軟性を提供します。

"ROYAL HFXプローブ"は、高周波側(1Hおよび19F)をシングルチューンまたはデュアルチューンモードに自動的に切り替える機能を備えた世界で初めてのNMRプローブです。このプローブは、エントリーモデルおよびハイエンドモデルの分光計で使用できます。

シングルチューンモードで動作する“ROYAL HFXプローブ”は、標準装備の“ROYAL プローブ”と同等な感度・パルス幅性能を有しています。また、デュアルチューンモードでは、1H(19F)、19F(1H)、13C(1H、19F)、X {1H、19F}などの多彩な照射実験が可能になり、今日の高分子・製薬分野で開発・生産されているフッ素化合物の構造分析に適しています。低周波側のXは13Cだけでなく、31Pや15Nを含む広い共鳴周波数範囲に同調可能です。

当社は60年以上にわたりNMR装置の提供、サポート、サービスを行っています。新世代のJNM-ECZシリーズは、柔軟な設置レイアウトが可能となるコンパクトな分光計と漏洩磁場の小さいマグネットを特長としています。JNM-ECZシリーズは、2016年度グッドデザイン賞を受賞しました。400MHzのエントリーモデルから、400MHzから1.2 GHzまでのリサーチモデルまで、幅広く対応しています。当社は様々なNMRプローブを提供し、最先端のNMRを用いた研究のための新しいプローブ技術の開発を続けています。

ROYAL HFXプローブ

関連リンク