2017/05/08

粉体関係の最大の展示会、「粉体工業展大阪2017」が10/11~13に開催されます。
弊社は、未来材料ゾーンに、ナノ粒子合成/微粒子改質装置、および粉末供給装置を出展いたします。
また、10/12に未来材料ゾーン出展社プレゼンテーションにて発表いたします。 皆様のご来場を心よりお待ちしております。

主催:一般社団法人日本粉体工業技術協会

開催日/会場

  • 日程:
    2017年10月11日(水)~10月13日(金) 10:00~17:00
  • 会場:
    インテックス大阪(南港)  4・5号館
    5号館 未来材料ゾーン ブース番号: Z-18
    地図

展示内容

高周波誘導熱プラズマナノ粒子合成装置 TP-40020NPS

金属・酸化物問わず様々な無機材料のナノ粒子合成ができる実験装置です。
超高温・高純度・高化学反応場の熱プラズマを利用し、ナノ粒子の合成をはじめ化学反応や改質、複合化、球状化、結晶化など様々な実験が行える多目的実験装置です。
消耗電極がないコンタミレスの環境で、高純度の材料合成が行えます。
各種合成データをご紹介いたします。

高周波誘導熱プラズマナノ粒子合成装置 TP-40020NPS

粉体供給装置 TP-99010FDR

10ミクロン以下の金属微粉、セラミックス微粉を連続・安定供給できる、テーブル式パウダーフィーダです。
凝集性の高い1ミクロンの微粉も供給することができます。
キャリアガスとともに微粉を搬送します。1~数10g/minで送ることができます。
減圧雰囲気への供給も可能です。

粉体供給装置 TP-99010FDR

出展社プレゼンテーション

弊社装置のプレゼンテーションを行います。
聴講無料・当日受付です。開始10分前より受付開始いたします。 皆様のご来場を心よりお待ちしております。

  • 日時:
    10/12(木) 10:10~10:25
  • 会場:
    4号館 Aルーム
  • 発表:
    ナノ粒子合成や球状化に用いられる高周波熱プラズマの紹介
    【発表内容】
    高周波誘導熱プラズマ技術の原理や応用と、ナノ粒子合成や球状化の 事例をご紹介します。
    また、凝集性の強い微粒子を安定に供給できる粉末供給装置も 供給動画を含めてご紹介します。

お問合せ

  • 日本電子株式会社
    産業機器営業部
    TEL: 03-6262-3570・ FAX: 03-6262-3577