お客様の試料をお預かりして、測定いたします。 また、各種分析手法のご相談にも対応いたします

サンプルに合わせて装置の最高のパフォーマンスで測定いたします。 核磁気共鳴装置(NMR)の利点は非破壊分析であることです。 そして、サンプルを溶液や固体など見たい状態で測定できます。 サンプルの物性や分子構造に関する詳細な情報がわかります。

主要装置

  • 高分解能NMR装置
  • 各種プローブ

分析例

  • 有機化合物の構造解析
  • 平面構造、立体構造の検討
  • 混合物の成分分析
  • 水分量の分析
  • 医薬品分析
  • 食品分析
  • ゴム・プラスチック分析
  • 高分子化合物の分析
  • 無機材料分析
  • 分子物性解析
混合物の分析例(DOSY測定)
A)グルコース  B)α-シクロデキストリン
混合物の分析例(DOSY測定)
固体試料の分析例(CPMAS)
試料:フマル酸モノエチル
固体試料の分析例(CPMAS)

測定手法

  • 構造解析に必要な測定をセットで
    • 基本測定(1H/13C-1D、DEPT、COSY、HMQC、HMBC)
  • 高分子の解析や詳細や構造解析に
    • 応用測定(NOESY、ROESY、TOCSY、・・・)
  • 様々な核種に対応いたします
    • 多核測定(19F、31P、29Si、2H、17O、15N、39K、・・・)
  • フッ素系化合物を特殊プローブで
    • CFH測定 動的構造や分子物性の解析に
    • 緩和時間測定 分子物性解析に
    • 拡散係数測定 溶液混合物や高分子の分子量測定に
    • DOSY測定 固体混合物や結晶多形の分析に
    • ROSY測定 固体試料もお任せください
    • 固体NMR測定(CPMAS、DDMAS、MQMAS、・・・)
  • 重水素化溶媒を使用しない場合に
    • No-D測定 厳密な定量が必要な場合に
    • 定量測定(qNMR)

核磁気共鳴(NMR)

株式会社JEOL RESONANCE

042-542-2241