1見つかりました

  • スタンダードレス法(簡易定量法)

    standard-less correction

    [目次:分析]

    定量分析で使われる補正法の一つ。定量分析は、一定条件で取得した標準試料のスペクトルと未知試料のスペクトルを比較することで結果を出すものであるが、標準試料を使わず、未知試料のスペクトルのピーク強度比に補正計算を行って、合計濃度が100%になるように近似する定量補正法をスタンダードレス法と呼ぶ。この中には、ある条件で予め取り込んだ標準試料のスペクトルを利用する方法もある。定性分析で含有元素を調べるので、未知試料分析の場合、元素の見落としが少ない。また、標準試料を揃えておく必要が無いので分析は簡単で迅速であるが、誤差は大きくなる。

説明に「」が含まれている用語