<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-M2V99R" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden">

生物学の研究における新発見を目指して
より重要なデータを探索する生物学電子顕微鏡法

Interview: ロンドン大学キングスカレッジ 教授 Roland Fleck

細胞・分子の構造を理解することは、生物医学研究において極めて重要である。イギリス: King’s College London, CUI(Centre for Ultrastructural Imaging)のディレクターであるRoland Fleck教授は日本電子とのパートナーシップのもと、JSM-7800FPRIME走査電子顕微鏡(SEM)、JEM-F200透過電子顕微鏡(TEM)などを使い生物などの構造の高分解能観察に全力を傾けてきた。CUIの中に日本電子との共同で設けられたJCAT (JEOL Centre for Advanced Technology)では、通常の室温での電子顕微鏡法及び、極低温でのクライオ電子顕微鏡法を駆使して研究が行われている。

Interview を詳しく見る