• 特長
  • アプリケーション
  • 関連製品
  • more info

特長 STRONG POINT

JEM-1000 超高圧透過電子顕微鏡
国内外の大学、研究機関で利用されている最大級 (加速電圧:1,000kV) の透過電子顕微鏡です。

3次元観察とその場観察実験

超高圧電子顕微鏡は加速電圧が高いので波長が短く、対物レンズポールピースのギャップを広くしても高分解能像が得られます。また、電子線の試料透過能も高く、厚い試料でも鮮明な像で観察できることが超高圧電子顕微鏡の最大の特長です。

通常の電子顕微鏡試料は極めて薄いため、バルクの性質を失ってしまいますが、超高圧電子顕微鏡の厚い試料でも観察できるという特長を有効に使用することにより、バルクでの性質を保存したまま観察できます。特に、対物レンズポールピースのギャップを広くすることにより得られた空間的メリットを活かし、ガス雰囲気下での'その場観察'や高傾斜3次元観察ができる小さな実験室を顕微鏡内で実現しました。

厚い試料の3次元観察にはSTEM像も有効で、ミクロンオーダー厚の試料の3次元観察に威力を発揮します。これらの機能を備えたJEM-ARM1000は新素材の開発、バイオの研究には欠かせない装置です。

世界各国の国家機関の研究所や大学で、生物医学や材料開発などの先端科学の研究に利用されています。

仕様 SPEC

ギャラリー GALLERY

関連製品 RELATED PRODUCTS

インフォメーション MORE INFO

本製品・関連製品のキャンペーン

導入事例