代表取締役社長 栗原 権右衛門

代表取締役社長
栗原 権右衛門

日本電子は、戦後間もない1949年5月に電子顕微鏡の開発会社として発足以来、多くの皆様に支えられ、2014年5月に65周年を迎えるに至りました。

この間の科学技術の進歩は目覚しく、科学で社会の発展に貢献したいとの思いを糧に、電子顕微鏡をはじめ、分析機器、医用機器、産業用機器など事業の拡大に努めてまいりました。
また、世に先駆け、世界市場を視野に入れた販売、サービス体制の構築に努め、今では数多くの装置が世界の至るところで使用され、真のグローバル企業として高い評価を頂いております。今後も時代に即した世界各地の販売・サービス拠点の整備を行い、お客様のニーズに迅速に対応できるよう、引き続き努めてまいります。

当社の経営理念には、「創造と開発」を基本とし常に世界最高の技術に挑戦し製品を通じて科学の進歩と社会の発展に貢献しますと謳われています。我々の第一の使命は、まず、市場のニーズを反映した最先端の優れた装置を開発し、タイムリーにお客様にお届けすることです。
今日の当社にとりまして、注力すべきことは、単に優れた装置をお客様にお届けするだけでなく、装置がライフタイムを全うするまでの間、お客様に最大のご満足を頂けますよう、最良のソリューションを提供させていただくことにあると認識しております。

コーポレートメッセージとして、「Solutions for Innovation」を掲げ、装置のみならずアプリケーションやソフトウェアの提供を通し、世界の科学技術を支えるオンリーワン企業として努めてまいりますので、今後とも引き続きご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

栗原 権右衛門