2017/05/08

主催:一般社団法人日本分析機器工業会 / 一般社団法人 日本科学機器協会
公式サイト

来場前事前ご相談フォーム

装置導入/サービス実施などをご検討されている方は下記のフォームより事前に詳細なご相談が可能です。是非ともご利用ください。

開催日/会場

  • 日程:
    2017年9月6日(水)~9月8日(金)
  • 会場:
    幕張メッセ・国際展示場
    アパホテル&リゾート(東京ベイ幕張)
    ホテルニューオータニ幕張
    地図
  • 入場事前登録:
    公式サイトより早期事前登録で入場証を入手すると、受付を通らず直接入場できます。是非お早めにお手続きください。
  • ブースNo.:
    No. 8A-801

展示ブースのご案内

注目出展製品/製品情報

走査電子顕微鏡

JSM-IT500HR
JSM-IT500HR InTouchScope™ 走査電子顕微鏡

高輝度電子銃と今までにないシステムを搭載し、性能と使いやすさを進化・融合させたことにより、従来製品に比べて、作業効率が40%以上アップしました。

透過電子顕微鏡

JEM-1400Flash 電子顕微鏡
JEM-1400Flash 電子顕微鏡

高感度sCMOS カメラを標準搭載し超広視野モンタージュシステムや光学顕微鏡画像リンク機能などの強力な新機能を組込んだJEM-1400Flash は新しい“ひらめき”をお届けします。

イオンビーム関連応用装置

JIB-4700F 複合ビーム加工観察装置
JIB-4700F 複合ビーム加工観察装置

新光学系の採用によるSEM分解能の向上、FIB加工機能の充実、連携機能強化による操作性改善を実現しました。

質量分析計

JMS-Q1500GC ガスクロマトグラフ質量分析計
JMS-Q1500GC ガスクロマトグラフ質量分析計

クラス最高の大きさの双曲型四重極を搭載し、従来分析が困難であった水素分析が可能です。

質量分析計

高性能ガスクロマトグラフ飛行時間質量分析計 JMS-T200GC AccuTOF(TM) GCx
JMS-T200GC AccuTOF GCx
高性能ガスクロマトグラフ飛行時間質量分析計

多彩なイオン化法によりノンターゲット分析に答えを出せるハイエンドGC-MSシステムです。未知成分の定性・定量分析に威力を発揮します。

核磁気共鳴装置

ROYAL HFX Probe/Pre Cool ASC30
ROYAL HFX Probe / Pre-Cool ASC30
JNM-ECZシリーズの新オプション!新たなProbeで19F誘導体がより簡便に測定できるようになりました。

計測機器

GC-310C/8610 series ポータブルガスクロマトグラフ
GC-310C/8610 series ポータブルガスクロマトグラフ

改正土壌汚染対策法に伴う11成分分析を行えるクロロエチレン分析用ポータブルGCのご紹介を致します。

計測機器

X線CT微細構造解析システム μCT35/μCT50
X線CT微細構造解析システム μCT35/μCT50

広範囲に材料構造を非破壊で3D解析出来るμCTシリーズは、直接応力解析と応力シミュレーション解析の搭載を実現しました。

全自動アミノ酸分析機

JLC-500/V2 全自動アミノ酸分析機
JLC-500/V2 全自動アミノ酸分析機

アミノ酸分析専用機だから実現できる優れた安定性で、分析業務の効率化を実現します。

アプリケーションのご案内

総合理科学機器メーカーとしての利点を生かし、多様な分析機器を使用したアプリケーションを紹介致します。

食品分野 ひと味違う食品分析アプローチを目指してみました
環境分野 私たちの生活環境を守るための最新の分析技術を紹介します
医薬品分野 糖尿病診断にアプローチしました
バイオ分野 生命の神秘を多様な装置で覗いてみました
高分子分野 様々な接着剤をYOKOGUSHI分析してみました
電池分野 リチウムイオンバッテリー(LIB)を劣化解析しました
表面処理分野 陽極酸化皮膜の不思議な構造と特性を解析しました
CLEM 光と電子のコラボレーションを紹介します


サービスのご案内

ブース内セミナー

実際に装置を稼働させながらの講演や、各種分析技術の活用方法などを紹介致します。

9月6日(水) 9月7日(木) 9月8日(金)
10:00~ - - -
10:30~ -
11:00~ -
11:30~
12:00~ - -
13:00~ -
13:30~ -
14:00~
14:30~
15:00~
15:30~
16:00~ - - -
  • ① さらに進化したNeoScope™のご案内
    NeoScope™は観察/分析はもとより、さらに3D構築、光学像やSEM像との比較、動画撮影等ができるようになりました。今回はSEM初心者から玄人まで幅広いニーズに応える卓上SEMの機能を紹介致します。
    使用装置:JCM-6000Plus NeoScope™ ネオスコープ 卓上走査電子顕微鏡
    9月6日(水) 11:00~、14:00~
    9月7日(木) 10:30~、13:30~
    9月8日(金) 10:30~ 14:00~
  • ② アンビエント質量分析最前線 ~DARTと、その熱脱離/熱分解との融合
    JEOLが開発した世界初のアンビエントイオン化法 DART、さらにバイオクロマト社製熱脱離/熱分解デバイス ionRocket との組み合わせによる熱脱離/熱分解-DARTについて、実演を交えて説明いたします。
    使用装置:アンビエントイオン化高分解能飛行時間型質量分析計 JMS-T100LPDART、脱離/熱分解デバイス ionRocket(バイオクロマト社製)
    9月6日(水) 13:30~、15:00~
    9月7日(木) 14:00~、15:30~
    9月8日(金) 11:00~、15:00~
  • ③ 最適化されたTG-DSC-MSによる発生ガス分析(EGA)
    ネッチ・ジャパンと日本電子がコラボレーション!! TG-DSC(DTA)とGC-MSを組み合わせた発生ガス分析の手法・特徴を説明いたします。
    使用装置:ガスクロマトグラフ質量分析計 JMS-Q1500GC(日本電子製) 熱重量測定/示差走査熱量測定、TG-DSC(DTA) (NETZSCH Japan社製)
    9月6日(水) 13:00~、15:30~
    9月7日(木) 12:00~、14:30~
    9月8日(金) 11:30~、15:30~
  • ④ 定量NMR(qNMR)分析法に関するご紹介
    定量核磁気共鳴(qNMR)分析法に関してご紹介します。
    9月6日(水) 11:30~、14:30~
    9月7日(木) 11:30~、15:00~
    9月8日(金) 13:00~、14:30~

セミナー(新技術説明会・オープンソリューションフォーラム)ご案内

毎年恒例の新技術説明会では最新の分析機器/分析技術/ノウハウを紹介致します。
オープンソリューションフォーラムでは「環境規制」「食品のおいしさ評価」の2つのテーマで講演します。

セミナー講演会場

JASIS2017 会場案内図(日本電子ブース)

新技術説明会

※聴講無料です。そのまま会場にお越しください。受付でお名刺を頂きますので、ご用意をお願い致します。

9月6日(水)

日時 講演会場 タイトル
要旨
10:30~10:55 N-5 樹脂の新しい熱劣化評価法 -初期変性で生じるラジカルをin-situで測定-
電子スピン共鳴装置(ESR)に400°Cまで加熱可能な付属品を装着し樹脂の熱劣化をin-situ評価する方法を紹介する。
11:10~12:00 N-4 これだけは知っておきたい質量分析の基礎知識!!
質量分析法は、非常に有用で、且つ広範囲な応用分野を持つ分析法の一つである。今回、質量の定義からイオン化法及び測定法の種類など、質量分析を行う上で知っておきたい基礎的な内容を解説する。
12:30~12:55 A-5 ポータブルGCで解決! 土対法改正に伴うクロロエチレン分析手法を分かりやすく紹介!
土壌汚染対策法の改正に伴い、ポータブルGCを用いたクロロエチレンを含む12物質分析手法をご紹介する。
13:10~13:35 N-6 試料最表面から内部まで観察、分析!! 最新FIB-SEMのご紹介
新開発SEM鏡筒を搭載した最新FIB-SEMによる試料解析例を紹介する。
13:50~14:15 A-3 ここまで早い! 自動EDS元素分析システム
SEM-EDSを使用した最新の粒子解析によるハイスループット自動元素分析技術を紹介する。
15:50~16:15 A-5 アンビエント質量分析最前線 ~ DART、そしてその先へ
DARTを発明して、世界で最初にアンビエント質量分析を実現したJEOLから、その最新の応用例を紹介する。

9月7日(木)

時間 講演会場 タイトル
要旨
10:30~10:55 A-1 現場で役立つ!! 高質量分解能MALDI-TOFMSによる合成高分子解析
高質量分解能MALDI-TOFMSによる高分子分析についてデータの俯瞰から詳細解析まで紹介する。
11:10~11:35 N-5 ハイエンドGC-MS分析の最新トレンド!! 網羅的解析を駆使したノンターゲット分析の新たなアプローチ
GC-TOFMSを用いた網羅的解析と未知成分解析アプリケーションを紹介する。
12:30~12:55 A-5 分析業務をさらに早く!より楽に! 高輝度電子銃を備えた汎用型SEMのご紹介
より快適な分析作業を追求した新開発のソフトウェアと高輝度電子銃を備えた最新型汎用SEMを紹介する。
13:10~13:35 A-1 ここまでできる! 質量分析計によるガス分析の最新情報
異なるタイプの質量分析計を用いたガス分析における最新のアプリケーションを紹介する。
13:50~14:15 N-5 TEM, FIBからの3Dデータの解析技術
TEM, FIBから取得された3Dデータの解析手法の紹介
15:10~15:35 A-5 簡単操作で身近になったハイパフォーマンスFE-SEM
新制御システムNeo Engine搭載によりオート機能が充実され簡単操作になりました。

9月8日(金)

時間 講演会場 タイトル
要旨
10:30~10:55 N-3 NMRによる検量線が不要の絶対定量法
分子の純度・濃度を決定する定量NMR法は,分子毎に標準品を用意する必要がない。その基礎を解説する。
11:50~12:15 A-5 ここまでできる! XRFを用いた高精度材質判定のご紹介-異物分析への応用-
新しく開発したスペクトルマッチング機能で材質判定の幅を広げた。金属だけでなく樹脂も判定可能に。
13:10~13:35 N-6 高分解能マイクロCTによる多彩な材料構造解析アプローチ
Fiber系樹脂材料をメインに3D構造からの多彩な解析事例を紹介する。
13:50~14:15 A-4 ハイエンド電子顕微鏡のための環境対策最前線 ~Part4.理想的なラボ作りのために
今回は騒音対策とともに総集編とし、装置とオペレーター双方に最適な環境作りの取り組みを紹介する。
15:10~15:35 A-5 各種機能ホルダーによる多機能化を実現! 新しいクロスセクションポリッシャ™の紹介
断面・平面ミリング、コーティング機能の拡張が可能となった新イオンビーム試料作製装置を紹介する。
15:50~16:15 N-1 あなたのTEMに実環境が再現できます
今お持ちのTEMに実環境(加熱、ガス中、液中など)を再現できるホルダーについて紹介する。

オープンソリューションフォーラム

※事前申し込みが必要ですので、聴講希望の方はお申し込みをお願い致します。JASIS2017のWEB申し込みフォームからお申し込み頂けます。

時間 講演会場 タイトル
要旨
9月6日(水)
14:10~14:35
展示会場4ホール内
講演会場
改正RoHS指令において追加された新規含有制限物質の分析法について
改正RoHS指令では、指令適応の製品カテゴリーが追加されると共に、含有規制物質として新たに4種類のフタル酸エステル類が追加されました。本発表では、これらの4物質の分析手順について、以前から含有制限物質とされているポリ臭素化ビフェニル、ポリ臭素化ビフェニルエーテルの分析手順と比較しながら、分析方法の詳細や分析結果などをご紹介します。
9月7日(木)
11:15~11:40
展示会場4ホール内
講演会場
おいしさを読み解くための機器分析手法
食品のおいしさには、味覚的な因子である呈味成分や嗅覚的な因子である香気成分など、さまざまな要素が複合的に関係しています。その客観的評価に有用な各種理科学機器と、それらを併用した分析事例を紹介します。

粗品(ノベルティ)のご案内

理科学・計測機器ユーザーの方に!!試料保持用のピンセットまたは今治タオル(ハンドタオル)をプレゼント致します。
JASIS2017 粗品(ピンセット)
引き換え券はこちらから (PDF 105KB)

  • 数量に限りがありますので、お1人様1個までとさせて頂きます。会期中にどちらかの粗品が無くなった場合は、ご希望の品をご提供できない場合がございます。
  • 会期中にダウンロードした粗品引換券をプリントアウトし、日本電子ブース受付までお持ちください。