新型電子顕微鏡JEM-1400Flashを販売開始 -超広域画像が撮影できる新モンタージュシステムを搭載-

2017/05/30

日本電子株式会社 (代表取締役社長 栗原 権右衛門) は、新型電子顕微鏡JEM-1400Flashを開発し、2017年5月より販売を開始しました。

開発の背景

電子顕微鏡はバイオロジーからナノテクノロジー、ポリマー、最先端材料まで幅広い分野で活用されており、その用途を広げています。中でも生物分野や高分子材料の観察では、まず低倍率観察で細胞組織や材料構造の全体的な様子を確認し、その上で注目する微細な構造を高倍率で詳細に観察することが多く、近年、この一連の観察手順を簡単にし、スループット良くデータを取得したいという需要は益々高まっています。JEM-1400Flashはこうしたニーズに応えるために高感度sCMOSカメラや超広視野モンタージュシステム、さらに光学顕微鏡画像とのリンク機能を搭載した新型電子顕微鏡です。

主な特長

  • 新機能 超広視野モンタージュシステム Limitless Panorama (LLP)
    従来の電磁視野移動による視野移動手段に加え、ステージ駆動も使用することができるモンタージュシステムを本体に標準搭載しました。これにより、超広域のモンタージュパノラマ画像を簡単に撮影することができ、フィルムに匹敵する広視野・高精細画像の取得が可能です。
  • 新機能 光学顕微鏡画像リンク機能 Picture Overlay
    光学顕微鏡などであらかじめ取得したデジタル画像を電子顕微鏡像に重ねて表示することができます。重ねて表示した像で視野探しができるので、光学顕微鏡で観察した蛍光箇所の高分解能観察を電子顕微鏡で容易に行うことが可能です。
  • 高感度sCMOSカメラ 「瞬Flashカメラ」
    JEOL製高感度sCMOSカメラです。高フレームレートかつ読み出しノイズが低いので、スループット良くノイズの少ないクリアな画像を取得できます。

主な仕様

分解能 0.2 nm (HC), 0.14 nm (HR)
加速電圧 10 kV~120 kV
倍率 ×10~×1,200,000 (HC), ×10~×1,500,000 (HR)
最大試料傾斜角 ± 70°
真空排気系 TMP
JEOL_JEM-1400Flash

本体標準価格

60,000,000円~

販売予定台数

90台/年間