• 概要

顕微ラマン分光装置(inVia Reflex St)によるブレンドポリマーの分析事例です。食品容器等のフタ開封用シール材として使われている2成分系のブレンドポリマーについてラマンイメージング分析を行った結果、主材料の中に副材料が散らばった状態のいわゆる海島構造が捉えられました。素材の分散状態や相溶性等を解析・評価するのに有効と考えられます。
続きはPDFファイルをご覧ください。
クリックすると別ウィンドウが開きます。

PDF 439KB

関連製品 RELATED PRODUCT