• 概要

漆で学ぶ高分子材料分析 漆のキャラクタリゼーション

はじめに

近年、高分子材料は複合化・多様化によって一層複雑になり、一方向からの分析だけでは不充分であるため、多面的な観察・分析が求められています。日本電子では多彩な装置群を有機的に応用し、「YOKOGUSHI(横串:装置横断的)アプリケーション」をキーワードに、これらのニーズに応えるべく応用研究を行っています。
本稿では、高分子材料分析における多面的解析手法を、漆分析を例にして解説します。

* 本内容は、論文形式で表記しております。

続きはPDFファイルをご覧ください。
クリックすると別ウィンドウが開きます。

PDF 10.3MB

関連製品 RELATED PRODUCT