XPS による環境分析例:WEEE/RoHS に対応する 6 価クロムの分析

  • 概要

電気亜鉛メッキ後のクロメート処理は工業用防食用の表面処理法として鉄鋼・自動車材料に広く用いられています。
 最近、特に環境問題対策として、製品廃棄の際、使用されている材料の組成、化学状態の把握が重要で、クロメート処理材料に対し WEEE/RoHS では 6 価と 3 価クロムの判定をすることが求められています。
続きはPDFファイルをご覧ください。
クリックすると別ウィンドウが開きます。

PDF 33.3KB

関連製品 RELATED PRODUCT