パスエネルギーの選択基準:ピーク強度とエネルギー分解能のバランス

  • 概要

試料が未知の材料 (化学結合状態) である場合には特に高エネルギー分解能測定は有効です。しかし、実際の分析においては、存在しうる化学結合状態の種類は有限であり、事前に測定する試料がどのような化学結合状態であるか予想することは可能です。測定対象に対する情報と、ここに示す分析条件 (光源とパスエネルギー) とピーク形状の変化を知ることにより、短時間に正確な分析を行うことができます。
続きはPDFファイルをご覧ください。
クリックすると別ウィンドウが開きます。

PDF 129KB

関連製品 RELATED PRODUCT