• 概要

浅間山の火山灰の測定

はじめに

JEOL XRF 火山灰測定 浅間山
車に積もった浅間山の火山灰

2009年2月2日未明に浅間山で発生した噴火で、降灰が東京都心、横浜市をはじめ関東南部を含む幅広い地域で確認されました。
採取した降灰を蛍光X線分析装置にて測定し、FP法にて定量しました。

測定方法

JEOL XRF 火山灰測定 浅間山
  • 装置:エネルギー分散型蛍光X線装置 JSX-3400RⅡ
  • 試料:収集した降灰を円盤状に加圧成形

測定条件

  • ターゲット:Rh
  • 管電圧:50kV
  • コリメータ:7mmφ
  • 雰囲気:真空
  • 測定時間:60秒

測定結果

測定チャートとFP法による定量結果を示します。岩石の組成の他にS(硫黄)が多く検出されました。

SJEOL XRF 火山灰測定 浅間山
このページの印刷用PDFはこちら。
クリックすると別ウィンドウが開きます。

PDF 175KB

関連製品 RELATED PRODUCT