GC-MS Applications: MS-62070 STRAPヘッドスペースサンプラーを用いた空調フィルターの分析

  • 概要

MS Tips No.156

これまでのヘッドスペース (以下HS) 分析法では、サンプルバイアル内の気相部分をそのままサンプルループ内にサンプリングして分析するサンプルループ法が主流であった。最近では、HSのオンライン上に充填剤を詰めたトラップ管を設置することにより気相中の揮発性成分を一旦トラップさせ、加熱脱着させるケミカルトラップ分析法も開発された。このケミカルトラップ法においては、試料成分の濃縮効果により、高感度測定が可能となり、環境分析、異臭分析、材料分析への適応が期待されている。
エアコン等に用いられる空調フィルターは、使用環境により異臭発生の原因となる場合がある。またほとんどの空調はアレルギーやシックハウス症候群の原因となる揮発性有機化合物を除去する為に、フィルターに除去機能を搭載している場合が多い。その為、空調を用いることにより、空調フィルター内に揮発性有機化合物が付着している可能性があり、そのフィルターを分析することは、シックハウスや異臭等の原因を追及する手段として期待できる。
今回、Q1000GC MkIIにこのケミカルトラップ法を標準搭載した弊社のHS装置である「MS-62070 STRAP」を用いて、空調フィルターの分析を行ったので紹介する。
続きはPDFファイルをご覧ください。
クリックすると別ウィンドウが開きます。

PDF 140KB

関連製品 RELATED PRODUCT