• 概要

日本電子News Vol.44, 2012 井原 俊英、齋藤 剛
産業技術総合研究所 計測標準研究部門

食品や環境中の有害成分の正確な分析には標準物質が不可欠であるが、特に有機化合物に関しては、多様かつ急増するニーズに標準物質の供給が追いつかない状況にある。そこで、分析技術を高度化することによって、1 つの基準となる物質から多様な有機化合物の定量を可能とする方法を開発した。具体的には、水素原子を対象とす
る核磁気共鳴法に着目し、異なる化学シフトの水素原子の信号量を精密に比較できるように改良することで、水素原子の基準から多様な有機標準物質に対して実用的な不確かさでの定量分析を可能とした。この成果により、国家標準物質の種類を最小限にできる革新的な計量トレーサビリティが実現され、食品分析や環境分析に用いる標準
物質の拡充を迅速に進められる見通しを得た。

続きは、日本電子News Vol.44のPDFファイルをご覧ください。

PDF 4.61MB

関連製品 RELATED PRODUCT