2018/05/14
(更新日: 2018/12/20)

主催:一般社団法人日本分析機器工業会・一般社団法人 日本科学機器協会
公式サイト

開催日/会場

  • 日程:
    2019年2月5日(火)~2月7日(木) 10:00 ~ 17:00
  • 会場:
    グランキューブ大阪(大阪府立国際会議場)3階 (ブースNo.G-21)
    〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島5-3-51
    地図
  • 事前入場登録
    こちらから

展示内容

デモンストレーションのご案内

実機デモンストレーション

会場にて走査電子顕微鏡 JSM-IT200LA/卓上走査電子顕微鏡 JCM-6000Plusの実機を使ったデモンストレーションを行います。随時行っておりますので、気軽にお声がけください。

リモートデモンストレーション

本社ショールームにあるショットキー電界放出形走査電子顕微鏡 JSM-7900Fと会場をインターネットで繋ぎ、ライブデモンストレーションを行います。

新技術説明会/オープンソリューションフォーラム

会場:グランキューブ大阪(大阪府立国際会議場)10階

新技術説明会

2月5日(火)

日時 講演会場 タイトル
要旨
11:10~11:35 A-2 Py/TD-GC-MS法によるフタル酸エステル類の分析について
改正RoHS指令で規制されるフタル酸エステル類をPy/TD-GC-MS法で分析する際の有効性を紹介。
15:10~15:35 A-1 全自動固体NMR測定システムの実現
溶液NMRと同等の使い勝手を実現した固体NMRシステムを紹介する。

2月6日(水)

日時 講演会場 タイトル
要旨
10:30~10:55 A-3 微量分析から多成分一斉分析まで、新しいGCトリプルQMSによる残留農薬測定
モードの切り替えにより,微量分析の感度と,一斉分析の速度に対応できる残留農薬測定法を紹介する。
13:50~14:15 A-1 FIB試料作製の自動化技術
シングルビームFIBの最新機能である高速加工、三次元観察、自動薄膜試料作製機能を紹介する。

2月7日(木)

日時 講演会場 タイトル
要旨
10:30~10:55 A-1 SEM像とともに簡単にリチウムやグラフェンが見える!反射電子EELSの紹介
反射電子EELSの特長と原理、EELSによるリチウムやグラフェンのスペクトルやイメージング結果を紹介。
12:30~12:55 A-2 ハイエンドGC-MSの最新トレンド,ここまで来た誰でも簡単ノンターゲット定性分析
GC-TOFMS専用多成分一斉定性解析ソフトウェアとアプリケーションを紹介する。

オープンソリューションフォーラム

日時 講演会場 タイトル
要旨
2月5日(火)
11:00~11:25
A かおりと匂い: スニッフィングGC-MSを用いた食品開発例のご紹介
食品における香りに対して注目され、理化学機器を用いた客観的な評価が顧客に説得力を与えることで不可欠な項目になろうとしている。そこで、香りに着目した商品開発の際にスニッフィングGC-MSを用いて開発した事例を紹介する。 
2月6日(水)
11:30~11:55
B 次世代電池: 様々な分析装置を用いた多角的な電池の解析手法
リチウムイオン電池をはじめとする電池の種類や用途は、今や多分野に広がっています。 電池の解析は、その性能や安全性等の向上に不可欠です。 今発表では、分析装置を横断的に用いた電池の解析を紹介します。

粗品(ノベルティ)のご案内

今治タオル(ハンドタオル)をプレゼント致します。
引き換え券はこちらから (PDF 105KB)

数量に限りがありますので、お1人様1個までとさせて頂きます。会期中に無くなった場合は、希望の品をご提供できない場合がございます。
会期中にダウンロードした粗品引換券をプリントアウトし、日本電子ブース受付までお持ちください。

お問い合わせ

日本電子株式会社 ブランドコミュニケーション本部 ブランド企画推進部
担当: 廣川(ひろかわ)・嶋田(しまだ)
TEL: 03-6262-3560
FAX: 03-6262-3577