2018/08/23

収差補正技術を搭載したARM200Fが2008年にリリースされて早くも10年が経ちました。最新のNEOARMはこれまでの10年間で培った技術を惜しみなく搭載し、生まれ変わった収差補正電子顕微鏡です。電子光源には冷陰極型電子銃を標準搭載し、高次収差補正器であるASCORと組み合わせることにより高加速電圧から低加速電圧までの幅広い加速電圧で最高の分解能を保証します。さらに立体角を大きく向上させたDual-SDDシステムにより原子分解能元素分析を実現しています。

このほかにもABFイメージングを進化させたe-ABFイメージングの搭載や、30kVの極低加速モード、リモートコントロールを用いた新コントロール方式など、様々な新機能を搭載しています。本WEBセミナーではこれらの最新機能を紹介いたします。

主催: 日本電子株式会社

開催日/詳細

  • 日程:
    2018年12月21日(金) 16:00~16:30

関連製品

参加費/定員

  • 参加費:
    無料
  • 定員:
    200名
    ※先着順での受付となります。お早目にお申込みください。

お申し込み方法

  • 以下のURLからお申し込み画面にアクセスしてください。
    https://jeolg.webex.com/jeolg/onstage/g.php?MTID=ea9d85a10c5da77faef27a2fdb77faec6

    WEBセミナーの登録・参加の手順はこちら (PDF 588KB)をご覧ください。
    初回参加時は、シスコシステムズ合同会社が提供するセミナー閲覧用アプリをインストールする必要があります。
    セミナー参加時に案内表示が出ますので、それに従いインストールをお願いいたします。所要時間は1分程度です。
    同業者の方のご登録はお断りする場合がございますので、ご了承ください。

お問合せ

  • 日本電子株式会社
    ブランドコミュニケーション本部 ブランド企画推進部 企画グループ
    担当: 廣川(ひろかわ)・嶋田(しまだ)
    TEL: 03-6262-3560