2018/09/05

第40回MSユーザーズミーティング (2018 東京) を以下の通り開催いたします。

毎年多くのユーザーの皆様方にご参加頂いております「MSユーザーズミーティング (東京)」を今年も以下の通り開催させて頂きます。
今回も、弊社からの新製品・応用技術・解析方法等の紹介に加え、様々な分野でご活躍されているユーザーの皆様方にもご講演をお願いしております。
また、講演以外にも、弊社製品・アプリケーションに関するポスター展示や、協賛企業様による展示も実施いたします。ユーザーの皆様の情報交換の場としてもご利用いただけるよう、ディスカッションの時間も十分にご用意しております。
皆様におかれましては、ご多忙中のところまことに恐縮ですが、是非ご来場くださいますようお願い申し上げます。

主催:日本電子株式会社

※ご連絡※

  • ご来場の際、受付で名刺を頂戴いたします。お手数ですが事前にご用意をお願いいたします。
  • 同業他社様、代理店様の方々のご登録はお断りする場合がございますので、ご了承ください。

関連セミナー

開催日/会場

  • 日程:
    2018年11月1日(木)
  • 会場:
    浅草橋ヒューリックホール
    〒111-0053 東京都台東区浅草橋1-22-16
    ※来館時の注意事項※
    1階のオフィスエントランスからは来場いただけません。
    外階段、または外エレベーターから2階へお越しください。
    地図

お申し込み

  • 参加費:
    無料
  • 申込締切:
    2018年10月26日(金) ※定員になり次第、締め切らせて頂きます。
  • お申し込み方法:
    専用お申し込みフォームよりお申し込みをお願い致します。
    お申込みはこちらから
    諸般の事情でWEBのお申し込みが出来ない場合は、こちらのFAX用お申し込み用紙(PDF:59KB)でお申し込みをお願い致します。

プログラム

時間 演題
発表者
9:30~ 受付
10:00~10:10 開会の挨拶 諸注意
10:10~10:40 JMS-Q1500GC のアプリケーションの紹介 ~TG/MS による材料分析を含めて~
日本電子株式会社 MS事業ユニット MSアプリケーション部 第2グループ 福留 隆夫
10:40~11:20 ダイナミック昇温脱離ガス分析技術 山口大学ナノテクノロジープラットフォームのガス分析技術
山口大学大学院 創成科学研究科 栗巣 普揮 様
11:20~12:00 新製品「JMS-TQ4000GC」のご紹介 ~微量分析から多成分一斉分析まで、GC-トリプルQMSによる残留農薬測定~
日本電子株式会社 MS事業ユニット MS技術開発部 第2グループ 第1チーム 江 潤卿
12:00~13:10
(12:10~12:50)
昼食 / 休憩
協賛企業発表
13:10~13:50 新製品「JMS-T200GC AccuTOF™ GCx-plus」のご紹介 ~定性解析ソフト msFineAnalysis の応用例も含めて~
日本電子株式会社 MS事業ユニット MS技術開発部 第1グループ 長友 健治
13:50~14:30 GCxGC-TOFMSを用いた POPs類縁化合物のスクリーニング解析
愛媛大学 沿岸環境科学研究センター 後藤 哲智 様
14:30~15:10 休憩 + ポスター展示
15:10~15:40 ポリマー解析における組成分布可視化法 ~msRepeatFinder V3.0 のご紹介~
日本電子株式会社 MS事業ユニット MSアプリケーション部 第1グループ 佐藤 貴弥
15:40~16:20 MALDI-MSによる工業材料の構造解析 ~SpiralTOF™ MS でできること~
株式会社 東レリサーチセンター 田口 嘉彦 様
16:20~16:30 閉会の挨拶
16:30~17:50 ミキサー
※プログラムは予告無く変更させて頂く場合がございます。予めご了承頂きますようお願い申し上げます。

お問い合わせ

  • 日本電子株式会社
    分析機器ユーザーズミーティング事務局
    内野(うちの)・廣川(ひろかわ)
    E-Mail:jeolum@jeol.co.jp
    TEL:03-6262-3560・FAX:03-6262-3577