新型電子プローブマイクロアナライザJXA-iHP200FおよびJXA-iSP100を販売開始 ― 更なる進化を遂げたインテグレーションEPMA ―

2019/09/03

日本電子株式会社 (代表取締役社長兼COO 大井 泉) は、ショットキー形電子プローブマイクロアナライザJXA-iHP200Fおよびタングステン/LaB6電子プローブマイクロアナライザJXA-iSP100を開発し、2019年9月より販売を開始します。

開発の背景と概要

電子プローブマイクロアナライザ (EPMA) は、鉄鋼、自動車、電子部品、電池材料など、様々な産業分野で、研究開発や品質保証のツールとして活用され、益々その用途を広げています。また、学術分野でも地球惑星科学や材料科学で広く使われており、鉱物等資源エネルギー研究や各種新素材の材料研究等、様々な最先端研究に貢献することが期待されています。それに応じて、高い局所微量元素分析のパフォーマンスは維持しつつ、誰もが“簡単” “迅速”に装置を使うことが求められています。
JXA-iHP200FとJXA-iSP100は、それらのニーズに応え、観察から分析までの操作をより効率的に行う、更なる進化を遂げたインテグレーションEPMAです。

主な特長

“簡単” “迅速” なインテグレーションEPMA
  • 誰もが簡単に正確に、試料交換から分析視野の決定までハイスループットを実現
  • 誰もが簡単に短時間で、質のよい分析データの取得が可能
  • 誰もが簡単にできるセルフメンテナンス
また、この装置は高い拡張性を持っており、軟X線分光器 (SXES)、結晶方位解析システム (EBSD)、カソードルミネッセンス分光システム (CL) 等の検出器を搭載することで、多様な分析用途にお役立ていただけます。


※EPMAは、Electron Probe Micro Analyzerの略称です。


JXA-iHP200F

販売予定台数

70台/年間

関連リンク