細胞内部構造のCLEMを簡便に実現する手法(polish/milling-CLEM)の紹介

2020/06/23
(更新日: 2020/8/14)

転写マーカー付ディッシュ等の上で細胞を培養し、光学顕微鏡(LM)観察後、細胞をディッシュ上で樹脂包埋し、ディッシュマーカーを元に同一視野を研磨等により表面に露出させ、SEMで観察する手法です。
超薄切片作成を必要としないため、LMで観察した細胞の内部構造を、SEMで簡便に観察をすることができます。

本セミナーは、WEB上で開催されます。WEBに接続できる環境であれば、パソコンからだけでなく、スマートフォンやタブレットからも参加することができます。
皆さまのご参加をお待ちしております。

主催: 日本電子株式会社

開催日/詳細

  • 日程:
    2020年7月22日 (水) 16:00~16:30

関連製品

参加費/定員

  • 参加費:
    無料
  • 定員:
    200名
    ※先着順での受付となります。お早目にお申込みください。

お申し込み方法

  • お申込みはこちらから

    ※WEBセミナーの登録・参加方法に変更があります。詳細は こちら (PDF 955KB)をご覧ください。
    ※WEBセミナー開催当日の午前中までにご参加登録いただいた方のみに事前配布資料をお送りします。それ以降にご参加登録いただいた方はセミナー終了後の配布となりますのでご了承ください。

    ※競合他社の方のご登録はお断りする場合がございますので、ご了承ください。

お問合せ

  • 日本電子株式会社
    デマンド推進本部
    廣川 (ひろかわ) 
    jeol_event[at]jeol.co.jp
    ※ [at]は@に、ご変更ください。

動画

※画像クリックで動画再生ページへ
細胞内部構造のCLEMを簡便に実現する手法(polish/milling-CLEM)の紹介