ポリマー分析の新展開 熱分解・熱脱着DART-MSによるキャラクタリゼーション 「よろず相談会」も実施 (WEBセミナー) *動画公開中*

2020/07/07
(更新日: 2020/10/15)

熱脱着・熱分解(TPD)-DART-MSは、昇温加熱デバイスにより試料を昇温加熱する際に発生するガスをDART-MSで質量分析する手法です。
特にポリマー分析においては、適度に断片化されたオリゴマー成分をDART-MSで分析することができるという特徴をもち、構造解析の一助となります。
また、不溶性・難溶性ポリマーの構造解析への適用が比較的容易なことも特徴として挙げられます。
本講演では、装置原理とともに実用例を紹介します。

セミナー終了後、『よろず相談会』を実施いたします。日頃のお悩みなどご相談いただければ幸いです。

本セミナーは、WEB上で開催されます。WEBに接続できる環境であれば、パソコンからだけでなく、スマートフォンやタブレットからも参加することができます。
皆さまのご参加をお待ちしております。

主催: 日本電子株式会社

開催日/詳細

  • 日程:
    2020年8月27日 (木) 16:00~16:30

関連製品

参加費/定員

  • 参加費:
    無料
  • 定員:
    200名
    ※先着順での受付となります。お早目にお申込みください。

お申し込み方法


※登録・参加方法の詳細は こちら (PDF 955KB)をご覧ください。
※WEBセミナー開催当日の午前中までにご参加登録いただいた方のみに事前配布資料をお送りします。それ以降にご参加登録いただいた方はセミナー終了後の配布となりますのでご了承ください。
※競合他社のご登録はお断りする場合がございますので、ご了承ください。

お問合せ

  • 日本電子株式会社
    デマンド推進本部 WEBセミナー事務局 
    sales1[at]jeol.co.jp
    ※ [at]は@に、ご変更ください。

動画

※画像クリックで動画再生ページへ
ポリマー分析の新展開 熱分解・熱脱着DART-MSによるキャラクタリゼーション