2021/02/08
(更新日: 2021/4/8)

近年、高い波長分解能と微量元素分析能力を持ったEPMA(Electron Probe Microanalyzer)は、測定条件自動設定機能の精度向上により、クリックひとつでほぼ間違いのない分析X線および分光素子の選択が可能となり、誰でも良好な結果を得られるようになりました。
しかし、正確な結果を得るためには目的に合った測定条件や分光素子を選択する必要があります。本セミナーでは分析X線と分光素子の違いが分析結果に及ぼす影響について紹介します。

本セミナーは、WEB上で開催されます。WEBに接続できる環境であれば、パソコンからだけでなく、スマートフォンやタブレットからも参加することができます。
皆さまのご参加をお待ちしております。

"このウェビナーから学べること"

  • 分析X線と分光素子の選択
  • EPMA分析条件設定

"参加いただきたいお客様"

  • これからEPMA分析を始める方
  • 分光素子の選択でお悩みの方

講演者:

脇元 理恵

日本電子株式会社
SA事業ユニット
SA技術開発部
第2グループ

講演者

開催日/詳細

  • 講演日時:
    2021年3月19日 (金) 16:00~16:30

関連製品

参加費

  • 参加費:
    無料(先着順での受付となります。お早目にお申込みください。)

お申し込み方法

ウェビナーは、終了しました。
動画を公開しておりますので、下記よりお申込みください。

お問合せ

  • 日本電子株式会社
    デマンド推進本部 ウェビナー事務局 
    sales1[at]jeol.co.jp
    ※ [at]は@に、ご変更ください。

動画

お客様情報の入力後に動画ページへ移ります。