コーヒーの美味しさの秘密にSEMで迫る! ~卓上SEM JCM-7000で知るコーヒーの世界~

2021/11/26
(更新日: 2022/1/26)

今回、卓上SEMによる粒子解析を用いたコーヒーの評価方法について紹介いたします。
コーヒーは生産地や抽出方法などによって、香り・味・テクスチャーなどの風味が変動します。風味の評価方法としてヒトによる官能試験が一般的ですが、感覚差が生じます。そのため、機器分析による解析が進められています。
堀口珈琲研究所 堀口 俊英 様に試料提供をいただき、抽出液中の微粒子の測定を行いました。コーヒーの微粉末はざらつきや苦味に起因します。従来の粒子解析法では判断が難しかった数μmサイズの粒子と数を解析することにより、生産国の異なるコーヒーの特徴を比較しました。

本セミナーは、WEB上で開催されます。WEBに接続できる環境であれば、パソコンからだけでなく、スマートフォンやタブレットからも参加することができます。
皆さまのご参加をお待ちしております。

"このウェビナーから学べること"

  • 卓上SEMによる測定手法
  • 試料の状態に応じた分析手法
  • 粒子の自動計測

"参加いただきたいお客様"

  • コーヒー好きな方
  • 食品の分析をしている方
  • SEMに興味のある方

講演者

髙山 隼

EP事業ユニット
EPアプリケーション部
SEMグループ 第1チーム

講演者

開催日/詳細

  • 2021年12月21日 (火) 15:00~16:00
    講演後に質疑応答の時間があります。

関連製品

発表資料

  • 講演後のアンケートにご記入いただくとダウンロードができます。

参加費

  • 無料(先着順での受付となります。お早目にお申込みください。)

お申し込み方法

ウェビナーは、終了しました。
動画を公開しておりますので、下記よりお申込みください。

お問合せ

  • 日本電子株式会社
    デマンド推進本部 ウェビナー事務局 
    sales1[at]jeol.co.jp
    ※ [at]は@に、ご変更ください。

動画

お客様情報の入力後に動画ページへ移ります。