世界を電子ビームで変えていく

ちょっと宇宙まで

SF映画の中だけの話だった宇宙旅行が現実のものになろうとしている。
しかし、まだまだ誰もが気軽に行ける金額ではない。
宇宙旅行が高額な理由の一つはロケットによる移動費だ。

JEOLの電子ビームを用いた積層造形技術は
ロケットの開発・製造コストそして燃料費までを大幅に削減する可能性を秘めている。
電子ビーム金属3Dプリンター「JAM-5200EBM」は、
高品質かつ再現性の高い造形や複数部品の一体化、軽量化による燃料消費の削減や出力の向上、
コスト削減や開発期間の短縮を可能にする。

JEOLの積層造形技術と共にイノベーションは、かつてないほどのスピードで進む。

ちょっと宇宙までを現実に。世界を電子ビームで変えていく

JEOL Additive Manufacturing Technology

JEOLは世界最高クラス性能の電子顕微鏡や半導体製造用電子ビーム描画装置の開発で培った電子ビーム制御技術を応用した、高出力、高密度、高速な電子ビーム方式の金属3Dプリンターを開発。
生産性向上によるコスト削減と自由な設計を可能にします。

PRODUCT

1,500時間以上使える
長寿命カソードとヘリウムフリーを実現
電子ビーム金属3Dプリンター
JAM-5200EBM

主な特長

  • 長寿命カソード
  • ヘリウムフリー&粉末飛散防止機構“e-Shield”
  • 電子ビーム自動調整機能
  • 遠隔監視システム
  • 世界30ヵ国以上の直営サービス拠点
  • エコでサステナブルな社会の実現へ
JAM-5200EBM

FEATURES

  • 長寿命カソード

    長寿命カソード

    その寿命は1,500時間以上。カソード交換のダウンタイムを大幅に短縮。長寿命の秘密は、電子ビームを利用する装置製造で培われたJEOL独自の真空技術にあります。

  • ヘリウムフリー&粉末飛散防止機構“e-Shield”

    ヘリウムフリー&
    粉末飛散防止機構
    “e-Shield”

    スモーク防止のためのヘリウムガスが不要。また独自の粉末飛散防止機構“e-Shield”によりスモーク現象を回避します。
    ヘリウムガスが不要なため、ローコストかつクリーンな空間で造形できるだけでなく、カソード表面もダメージを受けにくくなるため、安定した電子ビームを照射し続けることができ、造形クオリティを最後まで維持することが可能です。

  • 電子ビーム自動調整機能

    電子ビーム
    自動調整機能

    電子顕微鏡や半導体製造用電子ビーム描画装置で培った技術により、ビーム照射位置が変わっても電子ビームのフォーカスや形状の歪みを自動補正し、高品質かつ高い再現性の造形を実現します。

  • 遠隔監視システム

    遠隔監視システム

    遠隔監視システムで造形状況や装置状態を常に確認することが可能です。

  • エコでサステナブルな社会の実現へ

    エコで
    サステナブルな
    社会の実現へ

    部品を一度に複数造形したり、切削加工がほとんどないため材料を無駄にしない、金属粉を再利用するなど、エコでサステナブルな社会の実現に取り組んでいます。

SERVICE

世界30ヵ国以上の
直営サービス拠点

世界30ヵ国以上の直営サービス拠点から迅速なパーツ供給と
アフターサービスを130ヵ国以上に提供しています。

TECHNICAL DATA TECHNICAL DATA

Technical Data
JAM-5200EBM

主な仕様

造形方式パウダーベッド方式
造形範囲最大 φ250 mm × 400 mm (H)
電子ビーム出力最大 6 kW
カソード寿命1,500 h以上
チャンバー圧力(溶融時)0.01 Pa以下
導入ガス(帯電防止)不要
造形物冷却機構あり
粉末飛散防止機構e-Shield
ビーム補正自動調整(フォーカス・非点・位置歪)
供給電源3相 200 V (±10 %) 35 kVA
装置質量4,900 kg
データ形式STL

外形寸法

JAM-5200EBM 外形寸法
単位: mm

MOVIE

MOVIE MOVIE
Play

INTERVIEW

東北大学金属材料研究所加工プロセス工学研究部門 千葉 晶彦 教授

電子ビーム金属3Dプリンターがもたらす材料開発の革命
 -数千年に及ぶレガシーからの脱却

東北大学金属材料研究所加工プロセス工学研究部門
千葉 晶彦 教授

金属部品を3Dプリンターで造形する積層造形技術。強度、信頼度が求められる航空機やロケットの部品に革命をもたらすと期待されている。国内における金属積層造形技術を牽引する東北大学金属材料研究所の千葉晶彦教授に、その可能性を質した。

お問い合わせ

電子ビーム金属3Dプリンター「JAM-5200EBM」に関するご質問やご相談がございましたら、
下記よりお問い合わせください。

お問い合わせフォームへ