• 特長
  • 仕様
  • アプリケーション
  • 関連製品
  • more info

特長 STRONG POINT

MJT-1035E マイクロジェット・クライオトラップ
低沸点化合物の確実なトラップと超急速加熱を達成します。

迅速な冷却と熱脱着

液体窒素のジェット流の吹き付け開始から約2分以内に-196 °Cの安定した冷却温度を達成します。冷却停止後はGCオーブンの熱により約800°C/minの昇温速度で急速にトラップ成分を熱脱着する画期的な考案に基づいた製品です。

冷却温度の調整が可能

窒素ガス流量の調整により、下図に示したように冷却温度の調整が可能です。

各種資料導入装置を使用した自動分析に対応

本機単独でGC及び各種試料導入装置と連携して自動分析が可能です。

仕様 SPEC

冷却達成温度 約-196ºC (窒素ガス流量約7 L/min、GCオーブン温度40ºCの場合 )
自動制御/温度モニター 外部入出力・温度モニター機能を内蔵、
フロンティア・ラボ社製パイロライザーからも制御可能
使用可能分離カラム 金属キャピラリー分離カラム ( 内径 0.25 mm以下 )、
溶融シリカ ( FS ) キャピラリー分離カラム* ( 内径 0.53 mm以下 )
* FS分離カラムは急激な冷却や昇温により、破損する可能性があります。
電源 100~240 VAC,  25 W
製品構成・付属品 流量制御部、マイクロジェット部、液体窒素容器 (2 L) など
試料導入装置との接続 各社試料導入装置との接続ケーブル(末端未処理)が標準付属。
試料導入装置の一部装置についてはコネクターつきケーブル有り(オプション)。
ユーザー準備品 液体窒素 (最小2 L、-150ºC冷却時の液体窒素消費量:約15 mL/min)
窒素ボンベ(2次圧:600 kPaまで制御可能)
オプション 10 L容器セット(10 L容器、ジェック東理社製、CEBELL10 )と10 L容器用熱交換コイルのセット

ギャラリー GALLERY

関連製品 RELATED PRODUCTS

インフォメーション MORE INFO

本製品・関連製品のキャンペーン

導入事例