• 概要

ますます拡がるGC-MSアプリケーション

JEOL GC-MS 前処理法ガイドブック

ガスクロマトグラフ-質量分析計(GC-MS)は、混合された成分を分離するガスクロマトグラフ(GC)と分離された成分を検出する質量分析計(MS)で構成されており、揮発性化合物の分析に優れた分析装置です。質量分析計としては四重極型質量分析計(QMS)が最も広く使用されています。ハイエンドGC-MSとしては、四重極を直列に繋げた三連四重極型質量分析計(TQMS)や飛行時間型質量分析計(TOFMS)が使われており、各装置ならではのアプリケーションも数多く開発されています。

GC-MSは様々な前処理装置(方法)と組み合わせることにより、気体・液体・固体試料に含まれる成分を分析することができます。前処理装置(方法)は多岐にわたっているので、測定対象の試料の形態や測定対象化合物の特性により、最適な前処理装置(方法)を活用することでGC-MSのアプリケーション領域はより一層拡大します。

本ガイドブックでは、GC-MSで使用される代表的な前処理装置(方法)の原理や特長に加え、それら装置と弊社GC-MSを組み合わせた具体的なアプリケーション例をご紹介します。

このページの印刷用PDFはこちら
クリックすると別ウィンドウが開きます。

PDF 6.81MB

P1

  • 特長あるJEOL製GC-MSと前処理装置のコンビネーション

P3

  • ヘッドスペース法

P5

  • パージ&トラップ法

P6

  • 固相マイクロ抽出(SPME)法

P7

  • サーマルデソープション(TD)法

P8

  • 熱分解法・EGA法

P9

  • 熱重量・示差熱分析法

P10

  • 直接導入法

P11

  • 大量注入法

P12

  • QuEChERS法

関連製品 RELATED PRODUCT