• 概要

MSTips No.319

概要

4-ノニルフェノールは、水生生物の保全を目的として、平成24年に環境基本法に基づく水質汚濁に係る生活環境の保全に関する環境基準に追加された。
以後、4-ノニルフェノールの13種類の異性体 (→Table 1) は、環境省告示第59号水質汚濁に係る環境基準の付表11「ノニルフェノールの測定方法」(以後、告示法と省略) に基づき、GC/MS法の測定対象となっている。
今回、GC-MS/MSであるJMS-TQ4000GCを用いて、4-ノニルフェノールを分析し、検量線の直線性及び下限値における再現性について評価したので結果を報告する。

JMS-TQ4000GC
JMS-TQ4000GC

Table 1  List of 4-Nonylphenol isomers

Isomer Compound Name
NP1 4-(2,4-dimethylheptan-4-yl)phenol
NP2 4-(2,4-dimethylheptan-2-yl)phenol
NP3 4-(3,6-dimethylheptan-3-yl)phenol
NP4 4-(3,5-dimethylheptan-3-yl)phenol
NP5 4-(2,5-dimethylheptan-2-yl)phenol
NP6 4-(3,5-dimethylheptan-3-yl)phenol
NP7 4-(3-ethyl-2-methylhexane-2-yl)phenol
Isomer Compound Name
NP8 4-(3,4-dimethylheptan-4-yl)phenol
NP9 4-(3,4-dimethylheptan-3-yl)phenol
NP10 4-(3,4-dimethylheptan-4-yl)phenol
NP11 4-(2,3-dimethylheptan-2-yl)phenol
NP12 4-(3-methyloctan-3-yl)phenol
NP13 4-(3,4-dimethylheptan-3-yl)phenol

実験

サンプルは、NP1~13までの異性体を含む4-ノニルフェノールを10,20,50,100,200,500μg/Lとなるように調整し、さらに内部標準物質として4-n-ノニルフェノール-d4、サロゲート物質として4-(3,6-ジメチル-3-ヘプチル)フェノール-13C6を各50μg/Lとなるように添加したジクロロメタン溶液である。各サンプルの測定条件をTable 2に示した。SRMモードの条件についてはTable 3に示した。

Table 2  Measurement condition

Column HP-5MS(Agilent Technologies, Inc.)
30m × 0.25mm、0.25µm
Column flow 1.2mL/min
Oven 70°C for 1min, to 280°C at 8°C/min and hold for 5min
Inlet temp. 280°C
Injection mode Pulsed Splitless
Injection volume 3µL
Interface temp. 300°C
Ion source temp. 280°C
Ionization current 50µA
Ionization energy 70eV
Relative EM voltage 700V
Acquisition mode SRM

Table 3 SRM condition

Q-Transition I-Transition
NP1 121>77 163>107
NP2 135>107 135>77
NP3 135>107 107>77
NP4 149>107 191>121
NP5 135>107 135>77
Q-Transition I-Transition
NP6 149>107 191>121
NP7 135>107 135>77
NP8 163>107 163>121
NP9 149>107 107>77
NP10 163>107 163>121
Q-Transition I-Transition
NP11 135>107 135>77
NP12 191>121 191>107
NP13 149>107 107>77
Q-Transition I-Transition
4-(3,6-dimethyl-3-heptyl)phenol-13C6 155>113 113>83
p-n-Nonylphenol-d4 111>80 224>111

結果

 サンプルの中で最も濃度が低い10μg/Lを測定した際の各異性体のSRMクロマトグラムをFigure 1に示した。尚、各異性体のピーク位置は、単成分の個別測定は行わずに、告示法に記載されている別図のクロマトグラムを参考に同定した。

Figure 1  SRM chromatograms of each isomers from 10μg/L standard solution as 4-nonyl phenols

Figure 1  SRM chromatograms of each isomers from 10μg/L standard solution as 4-nonyl phenols

異性体のうち、最も組成比が小さいNP12についても、SRMクロマトグラム上で十分な強度で検出が可能であった。
各濃度のサンプルを測定して作成した検量線の決定係数(R2)および濃度10μg/Lのサンプルをn=6で連続測定した際の面積比の変動係数(C.V.)をTable 3に示した。検量線のR2については、全ての異性体について0.999以上であり、良好な直線性が得られており、面積値のC.V.についても、全ての異性体について10%以下であった。

Table 3 R2 of calibration curves and C.V.(n=6)

Isomer R2 CV
NP1 0.9999 7.2%
NP2 0.9994 7.2%
NP3 0.9999 4.8%
NP4 0.9999 5.1%
NP5 0.9997 5.1%
Isomer R2 CV
NP6 0.9998 8.0%
NP7 0.9999 4.6%
NP8 0.9999 9.9%
NP9 0.9998 8.1%
NP10 0.9998 9.1%
Isomer R2 CV
NP11 0.9995 3.7%
NP12 0.9996 6.9%
NP13 0.9996 2.3%
このページの印刷用PDFはこちら。
クリックすると別ウィンドウが開きます。

PDF 577KB

関連製品 RELATED PRODUCT