• 概要

Solid-State Battery Note

CLEMnote

はじめに

電池は我々の生活において、携帯電話からパーソナルコンピューター、最近では自動車にまで用途が広がり生活に欠かせない動力源となりました。
2050年のカーボンニュートラル「温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする」の実現に向けて電気自動車 (EV) へのシフトは世界中で急速に進んでいます。充電により繰り返し使用できる電池は自動車の動力源や大型定置用電源として研究開発が進み、これらの電池における性能・品質向上には各種の高性能な評価装置を連携した解析・評価が必要になっています。
日本電子ではマクロからナノスケールまでの幅広い視点で形態観察、表面分析、構造解析、化学分析に対応できるさまざまな分析装置を揃え、開発・研究、品質向上にお役立ち頂けるよう進めております。
本Solid-state Battery Note は、豊橋技術科学大学 教授 松田厚範先生 (電気・電子情報工学系) より試料提供を頂き、リチウムイオン電池 (LIB) から進化する全固体電池の研究・開発へご参考となるようアプリケーションを主体に作成いたしました。皆様の研究・開発へのご参考になれば幸いです。

 

Air Isolation System 非曝露搬送対応 加工・観察・分析装置

二次電池に使用される金属リチウムなどは大気曝露により酸化して形態変化する試料です。大気の影響がなく評価するには、非曝露で観察・分析装置に搬送することが求められます。
「Air Isolation System」では、各装置専用のトランスファーベッセルによって非曝露搬送ができ、観察・分析に対応します。また、加工装置間でも非曝露搬送ができるシステムを構築しており、システムの組み合わせにより多用な観察・分析に対応します。
Solid-state Battery Note 内では、非曝露搬送システムとツールを使った観察・分析を紹介しています。

 
続きはPDFファイルをご覧ください。
クリックすると別ウィンドウが開きます。

PDF 10.1MB

関連製品 RELATED PRODUCT