鉄鋼中のAsとPbを分離して分析できます - サムピーク除去ソフトによる鉄鋼中のAsと微量Pbの分析 -

  • 概要

InSpirAtion【サムピーク除去ソフト】

はじめに

鉄鋼材料は汎用的な材料ですが、以前のRoHS分析方法では、PbとAsどちらが含有しているのか同定することができませんでした。
ElementEyeでは二次フィルター+サムピーク除去ソフト+スマートFP法によりAsとPbを高精度に分離し定量することができます。

従来の結果

JEOL XRF RoHS 鉄材料 二次フィルター サムピーク除去 スマートFP法

Feのサムピークが発生しPbLβが確認できません。
このため、10.5 keVのピークがAsによるものかPbによるものかが判別できません。

2次フィルターによる結果

JEOL XRF RoHS 鉄材料 二次フィルター サムピーク除去 スマートFP法

Feのサムピークが低減されます。
PbLβがほとんどないことが分かり、10.5 keVのピークは、Asであることが分かります。
また、11~12.5 keV帯にあった、小さなサムピークもなくなり、AsKβを確認することもできます。

サムピーク除去ソフトによる結果

JEOL XRF RoHS 鉄材料 二次フィルター サムピーク除去 スマートFP法

さらに、サムピーク除去ソフト(オプション)を使用すると、Feのサムピークがさらに抑制されて、サムピークのない本来のスペクトルが現出します。
このスペクトルから、PbLβが微量ながら存在することが分かります。

2次フィルター+サムピーク除去+スマートFP法による分析結果

スマートFP法では、PbのLα線及びLβ線、AsのKα線及びKβ線のすべてのピークを利用して定量を行います。このため、PbのLαとLβの強度比およびAsのKαとKβの強度比に応じて10.5 keVのピークを分離し定量を行うため、高精度な定量行えます。

元素 認証値(ppm) 分析結果(ppm) 検量線法による結果(ppm)
Pb 38 44 1630
As 920 884

※ 分析値はフィルターFP法(オプション)を使用時の値です。RoHSソリューションでは、Pbの結果のみ同等の分析値が表示されます。

このページの印刷用PDFはこちら
クリックすると別ウィンドウが開きます。

PDF 508KB

関連製品 RELATED PRODUCT