電子スピン共鳴 (Electron Spin Resonance; ESR) 法は、物質中に含まれる不対電子を選択的に検出する磁気共鳴分光法です。試料に含まれる不対電子を観測することで化学反応や物性の変化を評価できます。さまざまなアタッチメントと組み合わせてESRを評価することでより豊富な試料情報を引き出すことができます。